ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

2013年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア
2013年2月10日 We are the world

今年の高校生達は「We are the world」です。
この曲は元々アフリカの飢餓撲滅チャリティーの為に作られた有名な曲ですが、高校生達が自ら選択し日本にいるときから互いに連絡を取り合い、各パートを決め、現地では高校生ミーティングが終了した後から、疲れた体で遅くまで練習をしていました。
高校生から歌のプレゼント
この世界的に有名な曲が今、このフィリピンのスラムの地で日本の高校生達によって歌われます。全ての物が有り余る社会に生きる日本の若者たちの目にこの現実はどのように映ったのでしょうか。
何もない、生きることに精一杯な壮絶な生活で見せる同世代の子供達の放つ力強い生命のエネルギーは、日本の若者達に何を訴えたのでしょうか。

大きな声で歌い終え、満場の拍手が鳴り響きました。
互いをたたえ合い、涙を流す高校生達。

全ての活動が今、終わりました。会場では団員達が思い思い、最後の活動を惜しむかのように記念写真を撮っています。

今年も素晴らしい活動ができたことを本当に心から感謝をします。

空港に向かう為に皆バスに乗り込んでいきます。そのバスを取り囲むようスラムの子供達が手を振り、歓声を挙げています。

空は清々しいほどの雲一つ無い青空です。照りつける日差しに目を細めながら、私達の国、日本も、このフィリピンも、世界中全ての国、全ての人間、全ての命が、この同じ空で繋がっていると思えば、来年に向けてもう一度私達がやらなければ行けない「何か」を考え、「命がけで」取り組まなければならないと感じました。

74名という運命の出会い。
バスの中では皆、やり遂げた達成感と、どこか寂しそうな笑顔が印象的です。

マニラ市の街中に入るとやはり沢山の車で渋滞をしています。
4日前、活動初日の時は物資支援にいち早く行きたいと思う心を遮る渋滞に苛立ちました。
しかし最終日の今日は何故かこの渋滞も余り苛立たず、むしろもう少しこの国で何かをしたい、もう少しだけこの場所を離れたくないような気持ちにさえなります。

むせかえるような暑さ。南国の独特とした臭い。そして乾ききった風と埃の混じったマニラの空気。そして今も尚私達の手を必要としているあのスラムの子供達の笑顔・・・。

74名の仲間と共に夢のような4日間が過ごしました。あの4日間を振り返るとまた一つ私は人生に忘れられない「心」を刻みました。しかし私はこれを単なる思い出にはしません。この4日間で得た全ては次に踏み出す一歩、未来へ繋ぐ糧として、来年もまたあのスラムで汗をかきたいと思います・・・。

前
2013年2月10日 バランガイ サマラ・マルケス
カテゴリートップ
2013年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア活動報告
次
感謝を込めて・・・

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク