ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

いっぽん人を目指して



ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会
現地活動責任者 今西祐介

日本全体が、3.11の大震災からまだまだ立ちあがれていない状況にもかかわらず、ましてや異国の地でのボランティア活動に、今回も70名近い方々のご参加への決意を頂きました。

現地活動責任者として更なる責任を感じつつも、大変嬉しく、そして心強く感じております。

私自身2004年から活動を始め、今回で9年目を迎えることになりました。
この活動はとにかくコツコツと一歩ずつというのが基本にあります。

ボランティアなのだから当然と言えば当然なのですが、2004年にスタートはしたものの永遠にゴールが無い事ですから、活動し続けることは時に何かボランティアの領域を超えた一種の修業をしているかのような錯覚を起こすことがあります。

それでも私は一年365日一時も休むことなくこの活動を続けております。
それはこのボランティアが私にとって今までの経験では得る事の出来ないたくさんのことを私自身に授けてくれているからだと思います。

この世で一番大切なものは「命」です。

しかし我が国においては、その命を自ら捨ててしまう人が年間32,000人以上もいます。自殺率は世界一位です。
一方、フィリピンのスラム街で暮らす超極貧困層の子供達は生きたくても15歳まで生きる事が出来ません。
それぞれの理由は両極端だとしても、同じ一つの命が無くなるということに違いはありません。もし目の前でこの世から消えて無くなりそうな命があったならば、そのうちのたった一つでもこの手で救えるとしたならば皆さんはどうするでしょうか。そして、その尊い命を救うきっかけがたった一本の歯ブラシから始まるとしたらどうでしょうか。

ハロアルは命の重さ、尊さを教えてくれます。

私の職業は歯科医師です。
私は医療という現場はどんな職業に就く人達よりも他人に感謝するという気持ちが薄れてしまう職業だと日々思っています。

それは一日の仕事において「ありがとう」という言葉を最も使わない職業だからです。
患者さんからは「先生ありがとう」と心から感謝をいただくことはあります。
しかし、「ありがとう」と言っていただくことはあっても、「お大事に」の言葉だけで自ら言うことは殆どありません。

ですが、私はこのハロアルを通じてたくさんの方々の支援を受け、多くの方々の優しさに触れ合うようになり、私の中の「ありがとう」、感謝の気持ちが常に芽生えるようになりました。

ハロアルは社会で生きていく上で、他人への感謝の気持ちを思い返させてくれます。
初めてアルソンと出逢い、翌年から1人でもたくさんの子供たちを治してやりたいと情熱を注いで来ました。その情熱は今でも決して冷めていません。

しかし今はそれに加えて現地活動責任者として、参加者全員の安全を第一に考えております。
ハロアルは続ければ続けるほど「責任」という一度きりの人生においての生きがいを与えてくれます。
私自身、皆さんが精一杯活動出来るように全力を尽くさせて頂きます。

どうか皆さん3泊4日のボランティア旅行で終わることなく、「命」と「命」の絆を一生握りしめていて下さい。

前
義を見て為さざるは勇無きなり
カテゴリートップ
2012年の活動にあたって

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク