ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 最新エントリー

祐介先生こんばんは。

フィリピンではマニラ南方60kmにあるタール火山が噴火し、マニラでも灰が降り大変な状況になっています。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの現地の最強の仲間である、ラハ・ソライマンロータリークラブのリッキーさん達が、既に現地に入り救援活動をしてくれています。

その際、今年の活動に使用するために送ってあるタオルを使わせて欲しいと、関口団長のところに連絡が入り、団長がすぐに許可を出してくれました。

私のところに団長からメールが入ったのが13日の10時でした。

すぐに物資担当の武井さんに連絡をとりました。

幸いなことに休日でしたので、スタッフの会計担当の木内さん、高校生担当の桜井さん、里見さんの4名が診療所に集まってくれ、今回参加者が機内に持ち込んでくれる手荷物10kgが3つ入るダンボール箱を4箱つくり、リッキーさんに送ってくれました。

緊急送付しなくても、ハロアル2020で使用する物資は活動できるだけ準備してあります。

ところが、ここに来てフィリピンのタール火山の噴火という緊急事態が起こってしまいました。

私達もできる限りのことをしようという考えで、今回の緊急事態の支援を始めました。

リスナーの皆様も、今まで以上に周りの人達に呼び掛けて、少しでも多くの物資を送れるようにご協力くださることをお願いします。

その他にもタール火山の被災者の方々にお米を支援するお金も必要です。

お一人お一人の金額は多くなくても結構ですので協力してください。

こちらも少しでも多くのお米が支援できるようにしたいと思います。

よろしくお願い致します。

振り込先は

上田信用金庫 御代田支店

普通口座 口座番号 4008865

名義 フィリピン医療を支える会 代表 林 春二

 ハロアル2020の出発まで残すところ20日になってしまいました。

ここまでくると5回の事前研修を受ける高校生も少なくなり、診療室から若々しい高校生の声も少なくなりました。

その分、患者さんから「頑張ってね」と優しい声をかけられる機会が増え、とてもほほえましく思います。

今年のハロアル2020はタール火山の噴火の推移を見ながら予断は許されませんが、こうして応援してくださる皆様方の期待に応えるためにも、更に念を入れて準備をし、出発に備えたいと思います。

日本に残られる皆様にお願いがあります。

今年の活動が無事終わり、スラムの人達に喜んでもらえる活動になるように、祈っていてください。

 

2020年1月17日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

正月を迎えたと思ったらもう10日です。

何と時の流れの早いことか・・・・。

昨年3月30日に行われた、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの報告会をもって“ハロアル2019”の活動は全て終わりました。

それから“ハロアル2020”に参加してくれる高校生の募集が始まり72名の高校生の参加が決定しました。

昨年10月から始まった事前研修も予定通りに進み、2月7日の出発に向けて滑走路に向かっています。

出発を2ヵ月後に控えた今年の1月1日、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに特段の配慮をし、報告会では常に舞台の左側に大きな花束を提供し続けてくれた佐藤二三江先生が永眠されました。

佐藤先生は、日本歯科衛生士会の副会長をされたり、現在、関口団長と祐介先生が講師をしている太陽歯科衛生士専門学校にも橋渡しをしてくれました。

直接スラムに行くことはありませんでしたが、こうして親身な支援をハローアルソン発足から15年に渡ってしてくれました。

また日本歯科新聞にも当会の活動の発表の機会を何回にも渡って支援してくれ、本会のPR活動や社会に公表する場を提供してくれました。

しかし病魔は先生の体を蝕みの別れになってしまいました。

あちらの世界でも、きっと周りの人達の幸せのために活躍してくれていると思います。

先生の安らかな休息と平穏な日々が続くことをお祈りし、私達ハローアルソンの活動の守り神になってくれることをお祈りします。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2020の出発まで1ヶ月を切りました。

この活動は、こうして沢山の人達に支えられここまで来れました。

これからも常に、謙虚に、コツコツと努力を重ねていこうと思っているところです。

今回は事前研修に来ていた高校生に、私が声かけをしているのを聞いた患者さんが取った行動について書いておきます。

この患者さんは20年来の患者さんで、いつ来ても感謝の言葉より苦情というか責めることばかりで出来れば触れたくないタイプです。

リスナーの皆様にとってもそういう人は一人や二人いると思います。

高校生に他の人から声をかけられたら、大きな声で「ハイ」と言うこと。

自分では言ったつもりでも相手に「小さい」と言われたら素直に「すみません」そして大きな声で「ハイ」と答えること。

これは怒られているのではなく「そうした方がいいよという激励の言葉なんだからね」と言うと、その患者さんも「本当にそうよ。こういう大切なことを学校では教えてくれないからね。頑張ってね」と声をかけてくれました。

自分の意思を伝えるとき、言葉の持つ意味は20~30%と言われています。

声の大きさ、強さ、口調や表情、態度でいくらでも表現できます。

それでも本当に大切なことは言葉にかないません。

ですから、他の人が聞いて気持ちよく「ハイ」と言う言葉はとっても大切なんだよと言うことを説明しています。

治療が終わった後でその患者さんが思いもよらない行動をとりました。

今まで積極的にこの活動に応援してくれていなかったのに、「高校生カンパです」と5,000円出してくれました。

嬉しいお年玉でした。

2020年1月10日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2020年01月03日(金)は、シンガーソングライター 一穂さん、モデル 雄城さん、バンドVorchaos Vocal 淳 さんがゲスト出演しました。

 祐介先生明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願い致します。

昨年の最終回にキョーヤさんが出演、久しぶりにキョーヤさんの元気な姿を見られて嬉しく思いました。

昨年はいつもより大きな災害がいくつもあり、大変な思いをされた皆様も多かったと思います。

今年は皆様にとっても輝かしい年になるように心掛けましょう。

今日1月3日現在で災害に遭っていませんが、例えこの瞬間に災害が起こってもアタフタしないで準備しておきましょう。

飲料水、非常食、寒さに耐えられる衣服、そして電気を使わなくてもよい反射式の石油ストーブと非常用の灯油を最低50リットル、これくらいは揃えておきましょう。

我が家では1週間に1日、「災害非難の日」として缶詰食、野菜の煮付、パンと牛乳だけを食す日にしています。

その都度古いものを遣って新しく補充していますから、いつ何があっても対応できるようにしています。

実際にはこんな日が来ないことが一番いいのですが、過去の日々がそんなことは無理なことを証明していますから、準備しておいて困ることはないでしょう。

山国信州でも佐久市と長野市で大きな水害に遭いましたので、全国どこであっても不思議ではありません。

「備えあれば憂いなし」という諺もありますので、他人事と思わないで自分のこととして肝に銘じましょう。

さて後1ヶ月でハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2020の出発になります。

今回で15回目ですが、同じような活動を過去に14回繰り返したというだけで、ハロアル2020が安全で安心できるような保障はどこにもありません。

常に「初心」に戻って「慢心」しないで「謙虚」に一人一人が努力しましょう。

そして2月10日に笑顔で活動を終了しましょう。

その為に関口団長と今西現地統括責任者は、昨年の活動が全部終了した御代田町での報告会から、今日まで一日も休まずにただただ皆さんの口から「良かったですね」と言う声を聞くためだけに365日頑張り抜いてくれました。

本当にありがとうございます。

団員の私達のできる事は、2月7日の結団式までケガやインフルエンザ、風邪にかからないように用心することです。

この1ヶ月がとっても大切な日々になります。

この活動を何年にもわたって支援してくださった人達のためにも、努力を重ねていきましょう。

それが「素直になって」「素直に聞いて」「素直に実行する」ということで、この会の最も大切な実践課題です。

令和になって初めて迎える正月です。

今年の目標を「素直」に据えて、どんなことにも反抗しないで、素直に頑張りましょう。

その結果は周りの人から「素晴らしい人」だねと言われます。

そういう人が、家庭でも学校でも職場でも社会でも、もっと大きく言うと世界でも望まれているのです。

夢を抱くことは素晴らしいことです。

しかしその夢を実現するためには、足を地に着けて一歩一歩しっかり歩を進めることが大切なのです。

本年がハローアルソンのチームにとっても、皆様にとっても良い年になりますように心を込めてお祈り申し上げます。

2020年1月3日 医学博士・歯科医師 林 春二

 

祐介先生こんばんは。

先週の土曜日は私達の勉強会、飛翔会出席ご苦労様でした。

この勉強会も、今年で8回目になり演題も盛りだくさんで、内容もとても充実してきました。

最初の頃は写真も不完全で、内容も臨床ケースよりも指導や知識を充実させるようなものが多かったように思います。

しかし回を重ねるごとに内容も充実し、臨床でやっている症例報告が多くなり、今回は数年にわたる経年症例が増えてきました。

この勉強会には他にない特徴があります。

専門家にとって理解できるだけでなく、患者さんに参加してもらうこともあります。

この治療が患者さんにとっていかに素晴らしいかを聞いてもらいます。

歯科以外の職についている人が参加してもわかるように“専門用語”はなるべく使わないようにしています。

これは社会との接点を大切にしているからです。

例えば、「部分義歯」は「部分入れ歯」または「小さな入れ歯」、「プラーク」は「歯の汚れ」と言う表現をします。

「汚れ」と言うと「食べかす」と思う人もいますので、更にこの汚れは「細菌の塊」でとっても不潔なことを説明します。

これならどんな人でも分かってもらえます。

こういう心がけが講演会の時にも分かりやすく、よく理解してもらえる話術になるのだと思います。

祐介先生は毎週ラジオで話をしていますから、上手くしゃべれるのは当たり前ですが、祐介先生と関口団長が同じ会場で話していても、プロの祐介先生の話術に劣るような場面を見たことがありません。

むしろどちらかがプロなのか分からないほどです。

これは勉強会や講演会の講師をしている時だけに限りません。

二人とも歯科医師として立派にやっているだけではありません。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアを15年間もやり続け、しかも団長として、現地統括責任者として常に100人以上の人達をまとめ上げ、指導してくれています。

参加しているだけでも沢山の経験を積むことが出来るのに、メンバーのケガや病気の心配をした上で100名の命を守る努力をしているのですから、人間的に素晴らしくなって当然です。

これが社会人としての評価になります。

この評価が現実の社会の中で、しっかり活用できているかどうかが問題になります。

繰り返しですが、100人の命を預かっている上に、この人達をまとめあげるところこそが、社会人としての役割を果たすことに繋がるのです。

これこそが、私がいつもお願いしている「歯科医師である前に社会人たれ」ということです。

二人とも、本当にこの言葉のよき理解者であり実践者です。

理解は出来ても、実践に結びつけることはものすごく大変です。

「【言うは易く行うは難し】口で言うことは簡単だが、それを実行することはむずかしい。」という諺の通りです。

人の言うことを「素直になって」「素直に聞いて」「素直に実行」できる人になって欲しいです。

2019年12月27日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2019年12月27日は、ミュージカル俳優・ミュージシャン 麻田キョウヤさん がゲスト出演しました。

祐介先生、牟田さんこんばんは

いよいよ令和元年最後のハロアルレディオとなりました。

レインボータウンの皆さん、そしてリスナーの皆さん、今年も大変お世話になりました。

毎週金曜日夜9時からのハロアルレディオにお手紙を出させていただくようになってから何年が経ったでしょうか。

旬の話題から、政治経済、世界情勢、歴史、など私の拙い話から、大切なハロアルボランティアまで、いろいろと書かせていただきましたが、こうやって、私も1週間に一度お手紙を書くことが、私自身にもとてもいい勉強となり、冷静に自分の価値観や考え方を見直す機会ともなっています。

来年もさらにボランティアの輪が広がるように、そしてこの放送をお聞きの皆さんが楽しんでいただけるように真心をこめてお手紙を書こうと思います。

さて、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアも来年の2月の出発まで残りわずかとなりました。

来年で第15回を迎えるハロアルボランティアも今回は過去最多となる144名の皆さんが現地に参加をしてくださいます。

祐介先生、15年前を思い出しますね。

当時、わずか20人足らず、高校生もたった3名からこの活動は始まりました。

当時は高校生と一緒に活動をする意味を理解しておらず、歯ブラシやタオルもさほどご協力を得られぬまま、治療をすることだけが最も大切なことだと思っていた私も、彼らの純粋でひた向きに頑張る姿と、それを応援する多くの皆さんの思いに、少しずつ変わり、今では、私もその応援団の一員となっています。

先日のクリスマスイブの夕方。

私の栃木県支部から参加をする栃木県立黒磯南高等学校の生徒会の皆さんが、大型スーパーや駅などで毎年恒例となった、ハロアルの物資や募金集めの街頭活動を行ってくれました。

北風が吹き、肌凍る寒さの中、沢山の高校生の明るく元気な声が響き渡り、さらに年明けには物資回収の街頭活動まで行うそうです。

先週、私は地元の別の高校で全校生徒700名の生徒さんにボランティア講演させていただきました。

その際、彼らに夢を持つすばらしさ、それを実現するために努力することができるすばらしさ、そして世界には夢を見ることすら夢である多くの貧しい子供たちの存在を話ました。

私は講演の最後に彼らに言いました。

「君たちは私の夢です。

君たちがこれからの素晴らしい社会、未来を創ることが私の夢です。」  

 

ハローアルソンの活動は本当に小さなものです。

誰に評価を受けるわけでもなく、それを求めているわけでもありません。

しかし、たった一つだけ伝えられるとするならば 私たち大人の真剣な汗と涙を見て、高校生たちの何のきっかけになれればと思います。

さて、祐介先生、牟田さん。

もうすぐ一年も終わります。

しかし未だ台風や災害の被害で避難や苦しい生活を余儀なくされている方が沢山いらっしゃいます。

どうかお体にはお気をつけください。

そして来年こそは平穏でみんなが幸せになれる年になるといいですね。

2019年12月27日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

祐介先生こんばんは

 いよいよ今年もハロアルレディオも残すところあと2回の放送となりましたね。

今年は暖冬のせいなのでしょうか、今年ほど年の瀬を感じない年末も珍しいです。

 私の地元栃木県那須では朝夕は冷え込むものの、12月だというのに未だ積もるような雪は降っていません。

これも異常気象、地球温暖化が影響しているのでしょうか。

 さて、先週のハロアルで祐介先生が「最近の忘年会事情」をお話ししていましたね。

最近の若者の風潮では忘年会に参加をしたがらない人たちが多くなり、その理由も様々なようですね。

「上司や先輩に気を使う」「お酒を強要される」「つまらない」「会費が高い」などなど。

まぁ、若い人たちの意見もわからないでもあります。

私も大学病院や勤務医の時に、「めんどくさい」と思っていたこともありましたが、当時はこれも仕事のうちと割り切っていたかもしれません。

しかし、いざ、自分が院長としてスタッフと共に日夜仕事をしていると、一年の締めくくりとして頑張ってくれたスタッフに感謝の気持ちを込めて労をねぎらいたいと思うのも自然な感情だと思います。

ちなみに私の医院では毎年忘年会にはスタッフだけではなく子供たちや私の友人たちも参加をします。

スタッフの中にはシングルマザーで頑張ってくれている子もいますので、母親一人で参加をするには大変です。

また、私は子供が親の職場をたまには見に来たり、その人たちとの食事会に参加をしたり、同じような子供たちと触れ合ったりすることはとてもいいことだと思います。

それをすることで子供たちは学校では学びえない「社会の構造」を小さい時から学びます。

また、親がどんな人とどんなところで何をしてるいか具体的に理解します。

そしてその都度、私は子供たちを呼び「お母さんに感謝するんだぞ」といつも言い聞かせます。

また、新年会では毎年高校生まで全員にお年玉を上げますので、年々額も増え大変です。

仕事場は友人を作りに行く場ではありません。

ましてや職場の同僚は時に同志であり、時にライバルでもあるでしょう。

つまりたとえお酒の席でもこのような会はプライベートとは少し意味合いが違うと思います。

お酒の強要やセクハラなどはもってのほかですが、食を囲むというのは人と人とが分かり合う最も有効的な時間です。

「憂鬱さ」はわかりますが、一日の大半を過ごす同僚とたった数時間食を囲むことができないような人間関係では良い仕事などできないように思えるのですが、祐介先生はどう思いますか?  最近では大晦日の除夜の鐘さえ騒音問題に発展しているそうです。

「袖すりあうも他生の縁」時代が便利になりすぎて、どうも物事が「好き」「嫌い」の二択しか存在しない世の中になってきているように感じるのは私だけでしょうか。

日本人に寛容さがなくなったのか、心の余裕がなくなったのか・・・。

もう少しお互いを尊重しあう心のゆとりが必要かもしれませんね。

2019年12月20日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人
 

祐介先生こんばんは。

 師走に入ったと思ったら今夜は20日。

今年も10日を残すのみとなってしまいました。

“光陰矢のごとし”と言いますが、過ぎ去ってしまうとアッという間のことになってしまいます。

準備に準備を重ね、それこそ寝ずに準備したとしても、当日を迎えてしまえばアッという間の出来事だったかのようになってしまいます。

 明日はハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの中心的なメンバーが参加する飛翔会です。

関口団長とスタッフ、今西先生とスタッフ、そして茨城県の根本先生、長野県からは大石先生とスタッフに私と当院のスタッフ達が集まって、この一年間のケースを振り返ってみる予定です。

今回の目玉は、先日亡くなった中曽根康弘元総理大臣付のジャーナリスト本田優先生が「炉辺(ろばた)談話(だんわ)」と題して話してくれることです。

患者さんにばかり接していると、つい忘れてしまいがちな「社会人としての常識」を思い起こすには、他の職種についている人の考えを聞くことが大切だと思います。

あまり仕事や趣味だけに熱中していると「何とかバカ」と言われることがありますが、私達歯医者にとっても同じです。

極めることは大切ですが、「木を見て森を見ず」と言うようにならないようにしなければならないと思います。

 ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、歯ブラシ・タオル・石鹸を集めるために周りの人達の応援を受けています。

その上フィリピンスラムに一緒に行ってもらう仲間を見つけるのは大変です。

しかしスラムで感じとった大変な状況、そこで一緒に活動した仲間のこと、一緒に行った高校生の姿、どれを話してもきっと話を聞いてくれる人たちの胸を打ちます。

何人かの中には一緒に行って活動したいと思ってくれる人が現れます。

そして申込書を書いてもらうと喜びは最高に膨れ上がり、天にも昇りたくなります。

たかがボランティアに参加してくれるか、してくれないかで大げさだと思うかもしれません。

実際にそうなのです。

しかしこの喜びや感動はやってみないとわかりません。

やった人だけが分かる感動なのです。

フィリピンまで行ってくれる仲間だけではありません。

自分がお願いして、歯ブラシ1本もらっても同じです。

周りの人に恥をしのんでお願いして、その願いが叶った時はどれもこれも同じ嬉しさを感じることが出来ます。

 私はこんな時いつも「ボランティアの神様ってすごいな」という思いに駆られます。

恥ずかしい、面倒くさい、大変だ。

忙しくてそんな暇は無いなどと言ってないで、チョット声をかけるだけで宝くじに当たったかのようなご褒美をくれるだけでなく、今まで以上に「もっと頑張るぞ」という前向きなやる気をくれるのです。

例え歯ブラシ1本でも、石鹸1つでも、タオル1枚でも全く変わりありません。

しかし、仲間の参加や高校生の参加が得られた時は全く次元の違った、この上ない幸せを感じられます。

きっと「血の通った命がある人に思いが通じた時は別格なんだよ」という神様からのおぼしめしだと思います。

2019年12月20日 医学博士・歯科医師 林 春二
レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2019年12月20日は、モデル 雄城さんがゲスト出演しました。

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(88.5MHz)
http://885fm.jp/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク