ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - いよいよ出発

いよいよ出発

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2017-2-3 14:00

祐介先生こんばんは

さぁ、いよいよ2017年度ハロアル現地活動出発まであと5日となりました。

現地スタッフから全ての準備が整ったとの連絡を受け、まさに昨日、今回参加される先生方の医療者登録が受理され、そして器材担当の岡山県の木本先生からは現地で使用する機材全てのチェックが終了したと報告を受けました。

また、現地では通訳を担当する、こちらも活動当初からの仲間であるポンセさんは一足先、月曜日には現地入りし、私達の活動の様々な準備をしてくれています。

今年は過去最多のなる114名の方が参加を希望してくれました。

40名を超える高校生を含め、お仕事や家庭にご都合をつけながらご参加くださる一般参加者の皆様、本当にありがとうございます。

私達事務局はまず、皆さんの安全を最優先に考え、素晴らしい活動を終え、無事日本に帰国することを最大の目的としています。

そのために私達は一年を通じて現地視察を含めマニラ・ロータリークラブと密に連絡を取り合い、最善の安全性の確保に努めて参りました。

しかし、これは確約されたものではなく、どのような事が起こるかは全て未知数です。

我が子を送り出す高校生のお親御さんや、ご参加下さる皆さんのご家族のお気持ちを考えると、私達全員が目的意識をしっかりと持ち、互いを支え合い、元気に明るく活動することが最も大切なことだと思います。

しかし、祐介先生、思い出しませんか。

私達がこの活動に出会ってから祐介先生は14年、私は13年が経ちました。

右も左もわからずただ祐介先生に誘われるがままに参加をしてから、今では100名を超える現地参加者と数万本の歯ブラシをご協力いただけるようになりました。

しかし、私は13年前、初めて私の前に現れた患者さんの事を今でも覚えています。

上の前歯を抜かざるを負えなく、その衝撃と悲しみそして自分の技術の無さと歯科医師としての心の葛藤を今でも忘れられません。

歯を抜く際に右手から伝わる歯の悲鳴にも似たあの音。

目をつぶり汗を流しながら恐怖を必死にこらえる患者の姿。

日本では確実に治せるはずの大切な歯を、私の力不足によって抜いてしまったのにもかかわらず、血の付いたガーゼを噛みながら涙ながらに
「先生、有難う。先生、有難う。」
と何度もお礼をいう彼女。

あれから13年。

私は一度たりとも、あの光景を忘れたことはありません。

そして私達は数えきれないほどの歯を抜いてきました。

祐介先生、私達は数えきれないほどの「罪」をおかしてきましたね。

だからこそ、二人で誓いました。

「ここスラムでは力及ばす歯を抜く我々は、でもせめて全てが満たされる日本での治療において決して皆さんの歯を抜く治療はやめよう。」と。

そして会長 林先生のもと、勉強を始めましたね。

このハローアルソンの「アルソン」はそんな私達の歯科医師としての誓いでもある活動です。

今年も多くの歯科医師の先生が参加をされます。

現地では大変難しい症例もあるでしょう。

しかし、歯を抜いた後、「無事抜くことができた安堵感」よりも「抜かざるをえなかった悲しみ」を胸に刻んで欲しいと願います。

2017年2月3日 ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク