ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - めぐみさん

めぐみさん

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2017-11-17 13:00

祐介先生こんばんは

先日の水曜日11月15日 この日は“横田めぐみさん”が北朝鮮に拉致をされてちょうど40年という節目となりました。

私が購読している新聞には「めぐみへの手紙」と題しご両親のお手紙が随時掲載されています。

当時中学校1年生だった彼女は部活動の帰り道に忽然と姿を消しました。

それからの経緯は皆さんの知るところですが、わずか13歳の少女が40時間も工作船に監禁され、暗闇の中「お父さん、お母さん」と叫びながら爪がはがれ血だらけになるほど船内の壁を引っ掻いたそうです。

あれから40年。ご両親のお手紙は必ずこの言葉から始まります。

「めぐみちゃん、こんにちは。」

ご両親は年の瀬に近くなると北朝鮮の厳しい寒さを思い、いつも娘の身を案じているそうです。

ご両親は訴えます。

「拉致問題を解決できないのは国の恥です。」

今回アメリカ大統領が来日した際、拉致被害者の方々が面会をし、その悲痛な思いを伝えました。

ご両親は同じ子を持つ親として子供を失う親の悲しみをトランプ氏にわかって欲しい一心で、それだけを信じて目を見つめて話したそうです。

拉致問題は本当に、本当に可哀そうです。突然家族を失い、何十年も会うことができず、解決の糸口さえもありません。

そして私が最も可哀そうだと思うことは、私たち日本の国民です。

この国は不当に自国民を拉致という最も侮辱的で残虐的な国家テロに合いながらも、自分たちの手でそれを取り戻すことができず、他国の力、武力におもねり、ゆだね、自らの手を汚さないことが平和だと勘違いしている哀れな国だからです。

そして、その根源である「憲法」を見直し、自分の国を自分たちで守り、国民の安全と平和を自分たちで守るという当たり前のことさえもできず、論議することすら拒絶する可哀そうな国だからです。

「対話的外交」「粘り強い平和的対話」という声を聴きます。

誰もが武力での解決など望みません。

しかし、もしあなたの家族や我が子が40年もの間あのような国に拉致されたらばどう思うでしょうか。

私は「拉致被害者」という言葉にとても違和感を覚えます。

「拉致」は日本国民全体の問題です。

私たち全ての日本人が被害者なのです。

決して彼らだけの、身内だけの問題ではありません。

しかし、選挙のたび、政権が変わるたび、総理が変わるたび、「拉致問題に全力で取り組む」という言葉にどれだけ期待し、そして裏切られたことでしょうか。

自分たちで救出さえもできない「憲法」をいつまでも大切に崇め、テレビをつければ政治家の椅子取りゲームと不倫報道、そしてようやく選挙が終われば真っ先に話し合うのは「モリカケ問題」これでは他国の大統領にお願いするしか方法はないでしょう。

私の息子も今13歳になりました。

部活で遅くなると、まだか、まだかと心配になり思わず家の門の前で彼の帰りを待ってしまいます。

その思いを40年間ずっと抱き続け、「あなたを助けられなくてごめんね」と、涙ぐむ日本人がいることをもっと国民は真剣に考え、怒るべきです。

2017年11月17日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク