ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - ボランティアを通じ自らを見直す

ボランティアを通じ自らを見直す

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2018-1-19 13:00

祐介先生こんばんは

いよいよ今年のハローアルソン・フィリピン医療ボランティア現地活動も出発まで3週間となりました。

ハローアルソンも今年で13年目を迎え、過去400人以上の高校生が参加をしてくれました。

昨日、昨年参加をしてくれた栃木県立黒磯南高等学校の生徒6名が今年参加をする後輩と一緒に駅や大型スーパーで物資や募金の呼びかけをしてくれた際に集まった募金67,000円をもってきてくれました。

私はお礼の言葉をいうと共に、いかに募金を集めること難しく、そして一人よりも二人、二人よりも3人と、手をつなぎあい共に支えあうことがいかに尊いことかを話しました。

2年前に初めて会った彼女たちでしたが、本当に顔つきも変わり、たくましく、そして明るく元気のいい表情は、本人たちはあまり気が付いていないようですが、正しくハロアルに参加をして一生懸命自分と向き合ったからだと思います。

私は彼女たちに言いました。

「これから卒業し、社会人となり、大人になっていく中で、決してこの募金活動をしたときの気持ちを忘れてはいけない。」

「誰かのために一生懸命生きる。」

「これが本当の心の豊さであり、人間として幸せなことです。」

「自分だけの幸せ、自分だけの欲望ばかり考えている人間は本当に心が貧しい。

これからどんなことでもいいから色々な活動に興味を持ち、行動に移しなさい。」

彼女たちは真剣に大きな声で「はい」と返事をしてくれました。

しかし、私自身あまり偉そうなことを言える人間でもなく、自分の高校生時代を振り返れば、本当に恥ずかしい限りですが、今、少なからずこのような考えを持つことができるのもやはりこの活動に出会えたからだと思います。

今年は以前お伝えした通り、新たな試みとして「シャワー・アクティビティ」を行います。

“汚れた体を洗う”そのたった一つのことさえもできない子供たちを、日本の高校生たちや看護師さん、ハロアルみんなでお手伝いをします。

その時是非感じて欲しいと思います。

この活動は単に貧しい子供たちの汚れを取り、綺麗にしてあげるのではありません。

ごみを拾って生活するスカベンジャーの子供たちは、毎日の生活で体に染みついてしまった悪臭のために学校でいじめられることもあるといいます。

その彼らを救うために日本から沢山の方々が支援をしてくれた貴重な物資を使い、何不自由なく生き、全てに満たされた私たちが体を洗ってあげるのです。

ひとこすり、ひとこすりするたびにこぼれ落ちる垢を見ながら、人間が作り上げた「貧困」という最大の不平等を感じ、私たちに何ができるかを学び、そしてこれからの人生に繋げて欲しいと思います。

私たち活動には4本の柱という活動理念があります。

私自身の意見ですが、ハロアルで最も大切なことは3本目の柱「ボランティアを通じ自らの生活を見直す」ということだと思います。

現地に行かせてもらえる貴重な4日間、その経験を本当に自分自身や社会のために役立たすことをしなければ、結局は偽善的自己満足だけで終わります。

しかし、まだまだ私の力が弱いためにそれを伝えることができないのも現実です。

2018年1月19日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(88.5MHz)
http://885fm.jp/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク