ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - ハロアル・レディオカテゴリのエントリ

祐介先生こんばんは

現在、フィリピン沖に発生している台風22号はタイ語でマンクット、これは果実の女王マンゴスチンのことで、まさに台風の女王の異名のような大型の台風となりました。

今朝、フィリピンの友人たちに連絡を取った際にも、これから明日にかけて大規模な範囲で避難警報が出され、特に河川や海沿いのスラムの人たちは本当に危険な状況にいるそうです。

私には祈ることしかできませんが、どうか無事でいて欲しいと願うばかりです。

さて、祐介先生。

今朝はとてもうれしいことがありました。

今年からハロアルの会の副団長を務めてくださっている宮城県 三浦先生からの連絡です。

彼がこの活動に初めて参加をしたのが2011年でした。

その後東日本大震災が発生し、私や祐介先生らは物資を届けに南三陸町を訪れましたね。

その時、彼は地元である宮城県のために自分も何かできないかと訪れた南三陸町の防災センターで偶然にも自分が以前参加をした「ハロアル」の文字が書かれている物資を目にしました。

彼はその物資を見たとき、フィリピンだけではなく、東北のためにも物資を届けてくれるハロアルの活動に感銘を受け、今度は自分がフィリピンの人たちのために恩返しをしようと決意し、再び参加をしてくれました。

その彼が10月の末に初めて地元の中高生や地域の人たちのために「ハロアル活動を話して欲しい」と講演の依頼を受けたそうです。

そこで私にスライドや内容の相談にのって欲しいと依頼をしてくれました。

電話越しには私に依頼する恐縮さと初めての経験に対する緊張と戸惑いがとても感じられます。

なぜなら私も15年前全く同じように初めての講演を依頼されたとき、彼と同じように不安に駆られ、ハロアル会長の林先生に助けを求めたからです。

私は彼に言いました。

「先生、私もできる限りお手伝いします。

まずはスライドや講演内容をチェックしていきましょう。」

そして言いました。

「一所懸命やればやるほどこれからもっとあなたに色々な人が話を聞きたいとお願いが来ますよ。

それがボランティアの種まきであり、あなたが音叉になるということだからね。

そして、自分ができないときはいつでも私が宮城県まで行ってお手伝いしまから。」

三浦先生はとてもうれしそうに
「ありがとうございます」
「団長、心強いです」と言ってくれました。

私は彼に話ながら15年前、初めての講演会の時に林先生がわざわざ那須にやってきて下さったことを思い出しました。

あの時どんなに嬉しく心強かったことでしょう。

そして私もまた林先生から「音叉になりなさい」と言っていただきました。

その私が今全く同じ言葉を彼に投げかけているのです。

東北の地に新たな若いハロアルの音叉が誕生しました。

彼の言葉がこれから沢山の人たちに響くことを心から願っています。

2018年9月14日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人   

祐介先生こんばんは。

北海道東部地震が起きてから早くも一週間が過ぎました。

電気や水道がまだ使えない地区や避難所生活をしている人が沢山います。

一日も早く復旧、復興されることを願っています。

この地震で命を落とされた41名の皆さんのご冥福をお祈りいたします。

以前、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに参加してくれた兄弟三人が、歯の矯正治療に通い始めてくれました。

一番下の琳くんは高校で野球をやっていましたが3年生の夏も終わり、クラブを引退する時期になったようです。

これからは大学の試験に向けて頑張ってもらいたいです。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは第一にフィリピンのスラムに住む人達への無料の歯科治療。

第二に現地で使うハブラシ、タオル、石鹸を地域の人達に呼び掛けて協力してもらう。

第三にこの活動を通して自分の中に眠っている、優しさや思いやりを思い起こしてもらう。

第四にこの活動に私達だけでなく高校生にも参加してもらい、優しい思いやりのある国際的な日本人になってもらう活動です。

始めたばかりの時はほんの僅かな人達17人でしたが、皆様のお蔭で今では高校生も50名以上の人達が参加してくれ、一般の人も50名以上が参加してくれるようになりました。

ですからボランティアの質も量も格段に上がりました。

何事をやるにも人が多く集まらなくてはどうにもなりません。

西日本豪雨被害や北海道東部地震にしても、復旧にはまだまだ多くの人の協力が必要だと思います。

だからと言って全てを一人でやろうとしても無理です。

ある人には片付けのボランティアを、ある人は専門技術のボランティアを、そしてある人には資金のボランティアを・・・・、と力を合わせ工夫してやっていこうではありませんか。

2011年3月11日に起きた東日本大震災の被災地の方も、西日本や胆振よりは少しはましかもしれませんが以前のような状態にはほど遠いと思います。

こちらへのボランティアも忘れないようにしていきましょう。

私は11月に福島県の村の被災者に励ましの訪問ボランティアに行く予定です。

ボランティアというと、何かのように感じる人もいるかと思いますが、自分が出来る「チョッ」とした心配りも立派なボランティアです。

人に声をかけられたら「ムスッ」とするのではなく、「こんにちは」と気持ちのよい挨拶も立派なボランティアになります。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに参加した人で、明るく笑顔で大きな声を出してくれる人で喜ばれなかった人は一人もいません。

また、ハブラシ・タオル・石鹸を集めてくれる人でモソッと話をする人も一人もいませんでした。

大きな声・・・・、明るい声・・・・、笑顔・・・・、どれもこれもお金や体力を全く必要としません。

やってやろうという「気持ち」さえあれば「心」とも言いますが、あればできる事ばかりです。

率先してやってみてください。

周りの人達にきっと喜ばれます。

山や地震の多い日本です。

これからも様々な災害が予想されます。

そんな時でも明るい未来を信じてみんなで力を合わせて乗り切っていきましょう。

それが豊かな国のボランティアだと思います。

2018年9月14日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年9月14日は、バンド Plum がゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは。

西日本の豪雨被害のあと猛暑が続き、とても温帯気候の日本とは言えないような天気が続いたかと思うと、大型台風です。

まるでよその国に行ったかのようになってしまいました。

今、起こっている全てのことが今まで経験したことが無いようなことばかりで、大きなショックを受けていると思います。

ホッと一息する間もなく、今度は震度7の北海道東部地震が起こってしまいました。

行方不明の皆さんが少しでも早く救出されることをお祈りいたします。

また被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

私達ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアでは、2019の活動に今まで経験したことの無い70名以上の高校生と一緒に行くことになりました。

高校生担当者会議で30名に上るメンバーが慎重に審議を重ね決定しました。

超高齢化が進み少子化に歯止めが利かない中で、当会の主催する「スラムのボランティア」に未来の日本を背負ってくれる高校生が沢山集まってくれたことに心から感謝します。

と同時に、今までご協力くださった全ての皆様のご協力の賜物です。

本当にありがとうございました。

贅沢な悩みですが、参加する高校生が増えてくれるのはうれしいのですが、この高校生を指導し守っていくには今まで以上に沢山の一般参加者が参加してくれなければうまくいきません。

これが一番頭の痛いところです。

私は来る日も来る日も、患者さんや過去の参加者の皆さんに呼びかけていますが、私一人の力では全く無理です。

こんな時こそみんなで力を合わせ、一致団結してやることが大切だと気づかされています。

ありがたいことに、診療室の中では、スタッフが患者さんに呼びかけている声がひっきりなしに響いています。

今回のような危機的な事象は豪雨や地震の時、いかに対応するかという危機管理の在り方が問われます。

ハローアルソン2019に想像を絶するような高校生の参加が来ているのも今まで経験したことの無いことです。

あわてふためかずに何が出来るのか、何をしなければならないのか一人一人が初心に帰って、無理をしないで全員が安全に帰国できるように真剣に考えてみる必要があります。

ところで歯を悪くする要因は今も昔も変わりません。

虫歯や歯周病菌に打ち勝つ免疫がよほど多い人は別ですが、プラークコントロール、簡単に言うと歯磨きの善し悪しで決まります。

安く手に入る電動ブラシも沢山出て実際に使っている人も増えましたが、むし歯と歯周病は減ってはいません。

道具や器械がどんなに良くてもプラークは落ちません。

私達が推奨している普通のハブラシで十分です。

「歯」と「歯肉」をしっかり磨くことで全身の血液の循環を高めて自己免疫力を高めることが大切です。

一番大切なこのことが皆さんにちゃんと伝わっているのでしょうか。

もう一度私達歯科医療に関わっている人が、立ち止まって考える必要がありそうです。

2018年9月7日 医学博士・歯科医師 林 春二

野分

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2018-9-7 12:00

祐介先生こんばんは

今年最大と言われた台風21号は関西地方を中心に全国に大変な被害をもたらしました。

大雨であの関西空港が冠水し、まるで大きな湖のような映像をみると、人間の文明のもろさを痛感せずにはいられません。

そして、昨日の北海道で起こった大地震はさらに追い打ちをかけるように甚大な被害を与えました。

犠牲になられた方々のご冥福と、今も尚行方不明になられている方々の安否、そして被災された方々のご無事を心から祈っております。

いつもこのような災害時に出動される消防やレスキュー、そして自衛隊の災害派遣の方々には本当に頭が下がりますね。

川岸に取り残され、土砂に埋もれ、電気や水さえもない状況であの自衛隊員の姿を見たら、本当に心強く思われることでしょう。

テレビではその自衛隊に対し軽々しく「このような時には自衛隊の災害派遣を要請すべき」などと言われるコメンテーターもいますが、元来、自衛隊は災害派遣部隊ではありません。

災害イコール自衛隊のようなイメージかもしれませんが、彼らの本来の任務は国防です。

しかし今では鳥インフルエンザや大雪や洪水、鹿の駆除さえ自衛隊の任務になっています。

彼らは有事の時には命を懸けてこの国を守らなければなりません。

東日本大震災の時も自分や家族が被災しているにも関わらず、不眠不休の任務を遂行してくれました。

彼らは災害のために命を懸ける訓練をしているわけではありません。

いざというときにこの国、私たちを命を懸けて守るために厳しい訓練をしているからこそ、災害時など予期せぬ時にでも対応できるのだと思います。

だから私たちは彼らの存在を誇りに思い、感謝しなければならないのではないでしょうか。

しかしそんな彼らに対し某政党などは自衛隊=戦争と、どうしても結びつけたく、様々な批判を繰り返します。

私には全く理解ができません。

今回の台風や地震のニュースは世界中で報道されています。

今朝、ハロアル活動を現地で支えてくださるマニラロータリークラブのリーダー・リッキー氏や、現在のプレジデント・ニナさんから連絡をいただき、彼らも日本の皆さんや私たちの安否を気遣ってくださいました。

元来、「台風」は俳句の世界でも「秋の季語」であり、野の草を分け切って吹き荒れる暴風をさすことから「野分」ともいわれ、9月1日から11日ごろまではとても多いとされていました。

これからも十分気を付けなければいけませんね。

さて、いよいよハローアルソン・フィリピン医療ボランティアも少しずつ現地活動に向けて動き出しました。

すでに各支部において参加高校生たちの面接も終わり、各自に合格通知が送付されました。

また、今月末には現地参加の医師・歯科医師の登録期日となりますので参加をご希望くださる先生方はご注意ください。

2018年9月7日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年9月7日は、音楽ユニット miho & ν がゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは

今日は8月最後のハロアルレディオですね。

夏休みも終わり、私の地元栃木県那須もすっかり観光客の数も減り、いつもの平穏な田舎町に戻りました。

しかし、今年は台風がとても多いですね。

現在も太平洋沖に非常に大きな勢力の台風21号が発生したようで、週末から来週にかけてその動きがとても心配になります。

特に西日本豪雨からまだまだ復旧作業が進まない地域などは、どうかお気をつけて頂きたいものです。

さて、祐介先生、今週26日の日曜日に東京で行われた、来年度ハロアルボランティア高校生担当者会議、大変お疲れさまでした。

また、全国から参加していただいた担当者の皆さん本当にご苦労様でした。

会議では高校生たちが安全で有意義な活動をするために様々な意見を交換しました。

特に今年は過去最高の70名の高校生が現地に参加を希望しています。

わずか3名の高校生から始まったこの活動も、今では沢山の若者が参加を希望してくれます。

しかし、大変うれしい事とともに、それは今まで以上に私たち大人の覚悟や責任、一生懸命さが問われるということにもなりますね。

意見の中には「参加人数を調整したほうが良いのではないか。」という意見も出ました。

それは単に人数の多さだけではなく、どうすれば高校生たちにとって最善な方法なのかを真剣に考えているからこその意見でした。

そして最終的には会長はじめ私からも皆さんに「どうか、色々な意見もありますが、みんなで更に心を一つにして全員を連れて行ってあげよう」とお願いをし、正式に参加人数の制限をなくすことになりました。

今回会議に初参加だった副団長の三浦先生などは「事務局の皆さんの熱い思いを改めて感じました。」と言ってくださりました。

これから私も皆さんの知恵をお借りしてしっかりと準備をしていきたいと思います 。

そして会議の当日とてもうれしいことがありました。

会議終了後の懇親会の席で、私のスタッフのもとに、今年の3月、私の医院を退社した歯科衛生士の池田さんから、来年の活動に参加をしたいと連絡がありました。

彼女は歯科衛生士学校を卒業し5年間勤務し、お母さんの住む実家に帰っていったスタッフでしたが、入局当初からフィリピンボランティアに参加をして今年まで高校生を担当してくれていたスタッフです。

正直、仕事場を変えれば、なかなかこのような活動を理解してくださり、なおかつ、長期的な休みを取らせてもらえる医院は少ないなか、参加を理解してくださった現在の院長先生にもとても感謝をしております。

今年の2月に行われた活動でも、10年前に退社をした歯科衛生士がハロアルのボランティアを忘れられず再び参加をしてくれました。

私の元を巣立ったスタッフが職場を変えてもボランティアに参加をしてくれることは素直にうれしく、会長 林先生がいつもおっしゃる「種まき」がようやく少しずつ身を結んだ瞬間でした。

そんな彼女らの思いに恥じぬように私も頑張りたいと思います。

2018年8月31日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年8月31日は、歌手 NoB/山田信夫さんがゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは

昨晩の台風20号は各地で大変な被害をもたらしましたね。

特に西日本では河川の氾 濫や停電など、とても不安な夜を過ごしたことでしょう。

これから9月に入り、ますま す台風の季節になります。

天気予報に注意して早め早めの対策に心がけましょう。

さて、今週末、いよいよ私たちハローアルソン・フィリピン医療ボランティアでは 来年2月に行われる現地活動に参加をする高校生たちの選考や様々な問題点を話し合う「高校生担当者会議」が東京で開催されます。

これには会長である林先生をはじめ、全国の支部から担当者の皆さんが集まり、一人でも多くの高校生たちの参加と、フィリピンの恵まれないスラムの子供たちのために話し合います。

今年は現時点で78名の高校生が参加を希望してくれました。

これは会始まって以来の記録的人数です。

14年前にわずか20名にも満たないチームの中にたった3名の高校生から始まったこの活動も今では70名を超える若者たちの心に響くようになりました。

これもすべてこの活動に携わってくださった方々のおかげですが、特に、14年間、この灯を継ぎ足し続けてくれた卒業生たちの「伝える」というボランティアがなければ、ハロアルのバトンはいつか途絶えてしまったかもしれません。

参加をする高校生たちは口々に「自分は何もできないけれど」とか「高校生がやれることは少ないけれど」という表現をします。

確かに、医療関係者でもない彼らにとって現地の活動風景は別世界のように思えるでしょう。

しかし、彼らが私たち大人以上にできる活動があります。

それは現地で感じた思いや切なさを沢山の人たちに伝えるということです。

10代という最も多感な時期に感じたあの衝撃的な体験や出会いを 、まだ何も社会に毒されていない純粋で素直な気持ちで、いろいろな人たちに話すのです。

そして世界の貧困を目の当たりにしたとき、全てを変えることはできなくてもまずは自分自身が変わり、そしてその隣、そのまた隣の友人たちに呼びかけることで、いつしかそれが大きな波紋となり、音叉となっていつしか世界さえも変えることができることに気づいて欲しいと願っています。

「世界を変える・・・。」

それは決して夢ではありません。

そしてそれは難しいことではありません。

そのきっかけとなるのはこれから現地出発まで様々な提出物や研修を重ね現地活動に挑む78人の高校生たちなのです。

今年も沢山の高校生たちが参加を希望してくれました。

これも全国いろいろな所で活 躍をしてくれているハロアル卒業生のおかげです。

そして、それを支えてくれている高校生担当大関さんをはじめ、会の仲間たちのおかげです。

その思いに報いるためにも、週末の会議では沢山の知恵と意見を出し合い、一人でも多くの高校生を現地に連 れて行ってあげたいと思います。

2018年8月24日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

感動

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2018-8-24 12:00

祐介先生こんばんは。

今では暑い夏の風物詩となっている高校野球の祭典、第100回甲子園大会も無事終わ り、一抹の寂しさを感じているのは私だけではないかもしれません。

大会は大阪桐蔭 高校の春夏連続優勝で圧倒的な強さを見せつけられましたが、準優勝の秋田県金足農 業高校の活躍も素晴らしいものがありました。

どの学校も各県を代表する学校に相応 しい活躍で、勝ち負けに関係なく地元の人達に大きな夢や感動を与えてくれました。

全国の高校球児の皆さん本当にご苦労様でした。

今回出場された全ての選手の皆さん が重ねてきた努力は、私達には到底出来ないレベルです。

だからこそ素晴らしい結果 を出して沢山の人達に感動をくれたのではないでしょうか。

私達ハローアルソン・フィリピ医療ボランティアは、こういう野球という優れた能 力を持っている人はいませんが、今、この瞬間に世界のどこかでは戦火におびえない までも、その日の食にさえありつけない恵まれない人達を救う活動をさせてもらって います。

この人達が可哀想なのは自分の努力で現状を何一つ変えられません。

日本の 高校球児より努力してもです。

そういう人達に対してなら私達でも何かやれることは あるというのが原点です。

その一つがハブラシでありタオルです。

もちろん石鹸でも カンパでも構いません。

やる気さえあればできる事はものすごく沢山あります。

自分 のできるところからで結構ですから、一つ一つ協力してもらえるとありがたいです。

私は一番簡単なことは、自分の周りの家族、親戚の人、学校の友人、会社の同僚、 誰でも結構ですから「ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア」のこと、「一 日一食どころか、二日に一食」しか食べられない人がいること、「私の夢は15歳まで 生きること」、一日働いても5~600円にしかならない人がいることを話すことだと思 います。

協力してくれる人がいないことは無いと思います。

協力してくれる人がいな いわけではなく、そういう話をしにくいか、しても断られるのではないかと思ってい るから話しかけられないのではないでしょうか。

話してみると案外協力してもらえる ものです。

このハブラシ・タオル・石鹸は全てフィリピンの恵まれない人達に届けられます。

協力してもらえるととても嬉しいです。

そして感謝の気持ちが心の底から湧いてくる から不思議です。

私がリスナーの皆さんに周りの人達に「この話」をしてくださいと お願いしているのは、「この気持ち」「喜び」を味わってもらいたいからです。

何か やっても見向きをされなかったらガッカリします。

して当たり前です。

しかしやった とき喜んでもらえたら、こちらも嬉しくなって更に頑張りたくなります。

それが人情 というものではないでしょうか。

今回沢山の人達から感謝された甲子園球児と同じように言葉をかける努力をしても 、「死ぬ気」になってやったとすればなおさらです。

何の取り得の無い私達でも、ハ ブラシ・タオル・石鹸の話、スラムの人達の生活の話しをするだけで、甲子園球児と 同じか、それ以上の感動をしてもらえるのですよ!!

2018年8月24日 医学博士・歯科医師 林 春二

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク