ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - ハロアル・レディオカテゴリのエントリ

常に初心

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2018-12-7 13:00

 

祐介先生こんばんは。

今度の日曜日9日は、ハローアルソン2019の全体会議です。

今年は今までに経験したことのない参加者になりますから、一致団結するためにも一場に会して、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアについて再確認してもらわなければなりません。

スラムの人達に対するボランティアだから、「何をしてもよい」と思っているかもしれませんが、私達ハローアルソンの目指すボランティアは全く違います。

相手が誰であれ、他の人では真似のできない「思いやり」と「優しさ」のこもったボランティアでありたいと思います。

だからこそ次の活動地を決めるための事前調査に行った関口団長や祐介先生に、沢山の候補地が手を挙げてくれたのだと思います。

それはそうだと思います。

今から15年前にスタートしたハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、回を重ねる度に常に初心に帰って、参加する人が嫌な思いをしないように心を配ってきました。

それがハローアルソンの歴史ですし、今回の事前調査で沢山のスラムの人達から「来年こそハローアルソンに自分達のところへ来て欲しい」という声に現れているのだと思います。

こうしたハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの活動を支えてくれているのは、コツコツとハブラシ・タオル・石鹸を支援してくれている皆さんです。

本当にありがたく感謝しています。

私はハローアルソンの役員はもとよりスタッフに対して、こういう人達がいてくれるお蔭で活動が続けられるのだから、常に謙虚で努力を惜しまない人になるようにお願いしてきました。

そしてこの活動でマニラのスラム街を実感してくれた中・高校生達にも、常に周りの人達にハブラシ・タオル・石鹸やエンピツやノートなどの提供を呼びかけるようにお願いしています。

そのお願いを実践してくれた中学生を今夜は紹介します。

12月1日のことでした。

軽井沢中学生の“横川明音”さん、“市村志歩”さん、“塚本はな”さんがノートやクレヨンを1,000点以上集めて持ってきてくれました。

前回のハローアルソン2018に参加してくれた横川明音さんが種まきをしてくれたのです。

横川さんからスラムのことや、ハローアルソン2018のことを聞いてくれた友人の市村さんと塚本さんが横川さん以上に頑張ってくれたのには驚きました。

周りの人に話してくれたら、必ずこういう人が出てくるのです。

私が皆さんにお願いしているのは、こういう経験をして欲しいからです。

初めは弱々しかった横川さんが、この日はとてもたくましく堂々としていて更に驚かされました。

この活動の参加者は15年前に発足した時は17名でした。

以来、今回の募集まで増え続け一度も減ったことがありません。

関口団長や祐介先生が頑張ってくれている力が大きいと思いますが、横川さんのように私達のお願いを「素直になって」、「素直に聞いて」、「素直に実行して」くれている人がいるからだと感謝しています。

2018年12月7日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは

今年も残り1か月となりましたね。

ここ数日いっきに寒さが増し、私の地元栃木県那須もいよいよ冬の到来を肌で感じるようになりました。

週末はもっと冷え込むようですが、その週末にはいよいよ私たちハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの一般参加者の皆さんのための事前研修会が東京で開催されます。

明日は全国から約80名の方々が会議に参加されます。

私の医院でも連日遅くまで準備に追われています。

特にこの活動で重要になる参加者の皆さんのグループ分けや現地活動の分担や、係分けは本当に大変です。

それを栃木支部の渡辺愛人さんが一手に引き受け、連日仕事終わりに私の医院に来ては、調整をしながら「活動のしおり」を作ってくれています。

彼は私の高校の同級生で幼馴染でもあり、今年で現地参加10年目となります。

参加のきっかけは15年前から私がこの活動に携わり各地で講演をするにあたり、そのスライドを担当してくれました。

そして自分も現地に行く決意をしてくれました。

その後参加人数も増え、全国から初参加の人たちや特に高校生が増え始めたころ、より活動の詳細を明記し、参加する人もそうでない人も理解できる「しおり」を作ろうと、忙しい中彼が手を挙げてくれたのです。

特に教員でもある彼らしい着眼点で取り組んでいるのは、「しおり」を見て参加する高校生の学校やご父兄の皆さんが、「ハロアルとはどのような活動なのだろうか」と不安なくご理解していただけるように、また、もしかすると最初で最後の現地参加になるかもしれない人たちのためにもしっかりとしたものを作ってあげたいと語っていました。

それは単に規格的や見た目を言っているのではなく、どんな所で、例えハロアルを全く知らない方々に見てもらってもハロアルの活動は素晴らしいと「しおり」を見ただけで思ってもらえるようにと言っていました。

勿論これはあくまでも人と人の善意が集まったボランティアですので、様々なことに、より多くの許容範囲をもたせ、みんなが楽しく活動ができることが大切です。

しかし、彼はそれを十分に理解したうえで、参加した高校生が10年後大人になり、親になったとき、今度は自分の子供にそのことを伝えることができるようにと、毎年全てのしおりの高校生の写真を変え、自分が携わったこのしおりがいつか次のバトンになるために頑張ってくれています。

そして、彼は毎年活動前に必ず10万円を募金してくれます。

好きなパチンコを控えて貯金しているようですが、そのほかにも職場である学校近辺の飲食店やホテルなどに掛け合って、ハロアルの募金箱を設置してくれています。

私も友人である彼に改まって感謝をするのはなんだかこそばゆい感じもしますが、まさに彼はこの活動の縁の下の力持ち的な一人です。

そんな彼が作った「しおり」が日曜日皆さんのお手元に届きます。

どうか皆さんあたたかな心で彼のしおりを見てやってくださいね。

しかし祐介先生、世の中の女性は見る目がないのでしょうかねぇ!

こんならかなナイスガイがいまだ独身だなんて・・・

2018年12月7日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年12月7日は、モデル 雄城さんがゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは。

先週は沖縄での医療研究集会ご苦労様でした。

とても素晴らしい症例でした。

大分県の先生が最後に、「先生の来年の発表を楽しみにしています」という言葉に全てが集約されていたように思います。

これに慢心しないで、更にいい症例を発表できるように心がけてください。

期待しています。

私は、祐介先生が私の診療所に初めて来たときのことを今でもはっきりと覚えています。

当時、先生は横浜の歯科医院に勤務して、今はやりの歯科治療をやっていました。

リスナーの皆さんの中には審美歯科というのはどういう歯科治療を指すのか分からない人もいると思いますので説明します。

歯並びやかみ合わせが悪い人は、矯正歯科で歯の位置を動かしてきれいにしますが、時間がかかるのが難点です。

そこで、歯を削って正しい位置や形にするのが審美歯科治療です。

色や形が自由にできますから、見た目、審美的にきれいだと言えます。

その上、天然歯の矯正より時間はかかりません。

しかし、自分の歯を削らなければならないことが難点です。

私達は基本にしているのはこういう診療ではありません。

見栄えも大切ですが、それ以上に大切なのは「自分の歯」です。

歯を削って治さなければならないのは、多忙な成人の矯正は時間をかけられないからです。

時間が比較的自由に取れる学生時代に治療しておいた方がよいのはこういうことが理由です。

こういう考え方も、私達ハローアルソンの治療チームでは共通認識になっています。

早い子供は5~6歳どころか、それ以下でも矯正治療を進められます。

この段階で歯並びを治しておけば、歯を削って治すような必要は全くありません。

私の診療所に通っている患者さんで、ホンダ自動車に勤めている男性がいました。

歯並びに問題があり、重度の歯周病になっていたので歯磨きがしやすくなるように矯正をすすめました。

なかなか協力してもらえませんでしたが、アメリカの支社に行くことになりました。

私は「欧米人では指導的な立場になる人で、歯並びの悪い人はいないよ」という話をしました。

欧米の人は生まれつき歯並びがいいのではなく、問題があったらすぐに処置をするのが一般的な常識です。

大人になって歯並びが良くないのは病気を治す意識が無いか、治そうとしても親に経済力が無いとえます。

従ってリーダーやマネージャーになる人は、「自分の身体に責任が持てる」、「経済的な問題を抱えていないこと」が求められるから、歯並びの悪い人はいないのです。

アメリカに行ってくれたお蔭で、その男性はアメリカから帰ってすぐに矯正治療をしてくれました。

祐介先生には、見た目の審美も大切ですが「自分の歯を残すこと」にブレないでもらいたいです。

そして正しいことを正しいと伝えられる先生になってください。

2018年11月30日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは

11月最後のハロアルレディオですね。

今年も残すところ後1か月となりました。

日に日に寒さが増す中で、私は不覚にも体調を崩してしまいましたが、祐介先生は大丈夫ですか。

さて、先週私は地元の小学校「那須高原小学校」に6年生を対象としたボランティア講演に行ってまいりました。

きっかけとなったのはこの学校に赴任された先生が私の古くからの患者さんで、学校が変わるたびに私に講演を依頼してくださり、ボランティアを通じて子供たちに本当の豊かさや世界の貧困の現実を伝え、これから中学、高校と進学するにあたり、心豊かな大人へと成長を願う素晴らしい先生からの依頼でした。

そんな中、懐かしい先生との談笑を済ませ、いざ教室に入るとそこには7人の子供たちが座っていました。

そう、この学校は私の町でも少し山あいにあり、一昨年、少子化の影響で近隣の小学校2校が統合され、来年にはさらにもう1校統合されるそうです。

私はこれだけの少人数は正直初めてでしたが、何故か無性にこの子供たちとの出会いがとても嬉しく感じ、スライドを通じて、フィリピンのスラムの様子や歯の大切さ、治したくても治せない現状と、いかに私たちが恵まれた生活を送っているかを話しました。

偶然にもこの日本という国に生まれ、食べることも勉強することも何の心配もなく毎日を過ごすことがいかに幸せなことか。

当たり前のように生きられる事がどれほど尊い事か。

そして「命」はまさに奇跡ともいうべき最も大切なものだという事を伝えました。

講演の最後に質問を受けました。

ある生徒が「先生はフィリピンのボランティアで一番嬉しかったことと一番大変だったことは何ですか。」と尋ねました。

私は言いました。

「一番大変、というよりもいつも悩むことがあります。

それは、私たちの治療が本当にスラムの人たちにとって良かったかどうか。

もちろん現地では、私たちのできる事全てを尽くしているつもりです。

しかしもっと私たちに知恵があったら、大切な歯を失わずに済む人もいるかもしれない。

それは15年間やってきてずっと思っていることです。

そして一番嬉しかったことは、今日のようにこれからの未来を担う君たちと出会い、私たちの活動をお話しできることです。」

「もちろん、私たちの治療によってスラムの人たちが喜んでくれることが一番ですが、小さな雫のような私たちの活動がいつか大きな川になってに流れて行き、いつか君たちのような子供たちが次のバトンをんでくれることを夢みています。」

ボランティアは沢山のことを教えてくれます。

そして沢山の出会いを与えてくれます。

今年は139名の出会いと共に来年2月、現地に出発します。

そしてリスナーの皆さんをはじめ沢山の優しさをスラムの子供たちに届けます。

来月9日には現地参加者の為の東京会議が開催されます。

私もしっかりと準備をして、頑張っていこうと思います。

2018年11月30日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口 敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年11月30日は、バンド Plumがゲスト出演しました。
レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年11月23日は、番組パーソナリティの今西祐介が学会のため、麻田キョウヤさん、三辻香織さん、一穂さんがMC代行しました。

祐介先生こんばんは

先週のハロアルレディオお世話になりました。

ハロアル会長 林先生と初めてご一緒にさせていただきました。

15年前、このハローアルソンを創設してからずっとブレずに、「フィリピンの恵まれない子供たちの為」そして「このボランティアのバトンを日本の若者たちに繋いでいく為」にすべてを尽くしてきた先生の言葉を聞いていると、私たちももっと実直に、素直に頑張らないといけませんね。

さて、祐介先生、昨日11月15日は何の日かご存知ですか。

41年前の11月15日、この日にわずか13歳の横田めぐみさんが北朝鮮により拉致をされました。

あれから41年が経ったのです。

昨日某新聞には横田めぐみさんのお母様の手記「めぐみへの手紙」が寄せられ、41年もの間我が子を拉致という国家犯罪によって奪われたご両親の悲痛な叫びがってありました。

そこには41年前、11月15日の拉致当日はお父様の誕生日の翌日だったようで、そのお父様も今年86歳とご高齢になり、一時期は体調不良がかれましたが、必死のリハビリの末、今では元気になり、つい先日も「拉致はどうなったか。

」とお母様にお尋ねになられたそうです。

この手記は不定期に掲載されていますが、毎回本当に涙なくしては読むことができません。

お母様は拉致問題のあまりの進展の無さに、いっそ新潟の海に身を投げたしたいとお思いになられたそうです。

そして手記にはこう綴られていました。

「政治家の方々はどうか、私たち家族に残された時間が長くないという現実をまっすぐ見据えてください。

国会をはじめ政治の場で本当に日本国にとって大事なことを話し合い、進めてください。」

今国会で進められている衆・参院予算委員会のあのざまは一体何ごとか。

小学生の学級委員会よりも程度の低い質問と「オリンピックのビジョン」などまるでクイズのような質問に不正解すれば、鬼の首をとったかの野次り倒す野党と、まったくもって お粗末な答弁で言葉もでない与党。

今回の第一次補正予算案の77%は災害復旧・復興対策費なのにそれに関連する野党の質問時間はたったの10分程度。

私はマスコミにも大罪があると思います。

確かに担当大臣ならば知っていて当たり前でしょうが、それを面白おかしく何度も取り上げるならば、なぜ41年間11月15日という日にもっと国民のため、拉致被害者家族のため、そして横田めぐみさんだけではなく、未だ祖国の地を踏めず、帰ることができない人々のために声を上げることをしないのでしょうか。

手記にはこうありました。

「国民の皆様も政治が真剣に行われているか、厳しいまなざしを向け改めて声をあげていただきたい。」

想像を絶する悲しみと絶望にそれでも希望を持ち、今なお耐える被害者の皆さんに対し政治家として少しでもその役割を果たそうとする気概があれば、あのような国会質問と答弁を本当にできるものなのでしょうか。

一体この国はどうなってしまうのでしょう。

本当に可哀そう過ぎます。

2018年11月16日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年11月16日は、シンガー IBUKIさんがゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは。

大分秋らしくなりました。

私は昨日、佐久市中佐都小学校で、今日は群馬県の安中第一中学校でハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの話をさせてもらいました。

小学生と中学生の違いはありますが、どちらもこれからの日本を背負ってくれる人達です。

スクスクと健康に育って欲しいという思いで講演させてもらいました。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、第1にフィリピンスラムに住む人達への無料の歯科治療。

第2に、現地で使うハブラシ、タオル、石鹸を地域の人達に呼び掛けて協力してもらう。

第3に、この活動を通して自分の中に眠っている、優しさや思いやりを思い起こしてもらう。

最後の第4は、この活動に私達だけでなく高校生にも参加してもらい、優しい思いやりのある国際的な日本人になってもらうという4つの大きな柱の下に活動しています。

私達自身が真剣にことに当たらなければならないことは言うまでもありませんが、協力してくれる周りの人達がいてくれなければ何も出来ません。

物資やカンパ集めにしても、参加してくれる高校生にしてもいなければ何も出来ないのです。

2003年に旗揚げしたこの会も数えてみればもう15回になります。

本当に沢山の皆さんのご支援でここまできました。

幾重に頭を下げても尽くせないほど大きなご恩を頂きました。

これからも今まで以上にご支援ご協力をお願いします。

有難い事に中佐都小学校も安中第一中学校も、私が講演する前から物資を集めてくれることになっていました。

私は自分がこのボランティアをすることで、本当の豊かさとは自分が金持ちになることや物を沢山持つことでないことを教えてもらいました。

私達が周りの人に呼びかけて、物資を提供してもらったりカンパしてもらうことで、スラムの人達に喜んでもらえる事を一緒に喜べることこそ「本当の豊かな心」と言えるのではないかと思うようになりました。

お願いしたうちの「誰が」「いつ」「どのくらい」協力してくれるのか分かりません。

でも一定の時間が過ぎると様々な人から様々な物資や資金が集まり、こうして15年も続けてくることが出来ました。

最初はたった1人の高校生に参加してもらうのも大変でしたが、今では67名もの高校生が参加してくれています。

活動の内容も規模もとても大きくなりました。

これらの全てがご支援してくださる皆様のお蔭です。

本当にありがとうございました。

そしてこれからも宜しくお願いいたします。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、大きな4つの柱がありますが、本当はこの活動に関わりを持つ一人一人が「素直になって」「素直に聞いて」「素直に実行する」という潔い人になってもらうための活動なのです。

参加してくれるDrが素直に真剣に額から汗して頑張る姿を見せてくれるから、参加する高校生が感動してくれ「かっこいい大人達」と評価してくれるのです。

その嬉しい評価を「これだけやっているのだから当然だ」とうぬぼれずに私達の働く姿を「かっこいい」、自分が大人になったら「こういう人達のようになりたい」と言ってくれる素直な高校生に感謝しましょう。

2018年11月9日 医学博士・歯科医師 林 春二

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(88.5MHz)
http://885fm.jp/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク