ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 林春二先生からのお便りカテゴリのエントリ

種まき

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2018-2-2 12:00

祐介先生こんばんは。

先週以来日本中が強い寒波に覆われて、とても寒くて大変です。

身体に自信の持てない高齢者や不具合を抱える皆様、無理をしないでくれぐれも御慈愛下さい。

また大雪にみまわれている地域の皆様、大変だと思いますがお身体に気をつけて活躍される事をお祈り申し上げます。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018も出発まで1週間を切りました。

メンバーの皆様体調に気をつけて元気に成田空港での結団式に出席して下さい。

今回の活動は冬季オリンピックの時期と重なり、より感動的な活動になると思います。

そのせいか今年参加してくれる高校生はいつもより、積極的な活動をしてくれているように思います。

19日の放送でも紹介しましたが、長野高校の田辺希さんは出身中学校の後輩達に呼びかけてハブラシ1669本、タオル978枚、石鹸607個、鉛筆2932本、洋服411枚、ノート375冊を集め、先週末の事前研修には母親と弟を連れて来てくれ、フィリピンに発送する荷造りを手伝ってくれました。

その弟さんが来年高校に入ったら、自分もボランティアに参加させてほしいという申し出がありました。

私達は活動に参加してくれるだけでとても嬉しいのですが、田辺さんのように自ら進んで「種まき」をしてくれ、更に大きな実を稔らせてくれている事を心から嬉しく思います。

今回は群馬県、高崎女子高校から参加してくれる3人が周囲の人達に呼びかけて、ハブラシ110本、タオル35枚、石鹸40個を集めてくれました。

長野県、上田西高校の今井亜美さんは長野市の図書館にハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018のポスターを置いてもらい、このポスターが長野市民タイムスの記者の目に止まって、記事にしてもらうと共に沢山の長野市民の皆様から支援が寄せられています。

また上田染谷丘高校では学校を上げて毎年沢山の物資を集めてくれるようになりました。

今回も日本中の皆様が協力して下さった心温まる数々の支援物資を、その日食べる物もなく住む家もない人達に届けさせてもらいます。

皆様から託された支援物資をお届け出来るのは、普段からこのスラムに住んでいる人達の支援をしているマニラロータリークラブの皆様、スラムの人達の中でもとりわけ生活の大変な人達を選び出してくれている地域のリーダー達、そしてこの活動が安全に行えるように協力してくれる沢山の皆様がいて初めて出来る活動です。

多くの人達の支えがなければ何も出来ないのですから、どの人にも感謝の気持ちを現わせる人になって欲しいと思います。

それにはメンバー全員が自分の生活している場で頭を下げてハブラシ・タオル・石鹸をお願いする事です。

その意味で今回は積極的に活動してくれた高校生メンバーを紹介させてもらいました。

2018年2月2日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

いよいよ1月最後の放送になりました。

1月5日の放送が700回でしたから今回は703回目という事になります。

703回の今回は日本中がかつてない大型の寒波にスッポリと覆われてしまいました。

大雪に見舞われている皆様には心からお見舞い申し上げます。

私達の生活は毎日毎日が何事もなかったかのように過ぎ去り、いつの間にか「こんなはずでは無かったのに」と気づかされることがありますが、大概の事は長い時間の中で僅かな狂いを生じて、それが分かるようになった時には取り返しが出来ないほどの差になっているのです。

普段から注意を払っていなさいということですね。

これが人の身体の場合なら手遅れになり助かる命も助かりません。

平素から細心の注意を払っていつもかかりつけの先生に診てもらっている事がbetterなのです。

大袈裟かも知れませんが“転ばぬ先の杖”に勝るものはありません。

これを危機管理といいます。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018に参加する高校生の事前研修として救急救命応急処置講習会を先週の土曜日に受けて来ました。

例年感じるのですが高校生達の中には、恥ずかしいのか大きな声や機敏な行動が出来ない人がいますが、これでは万一の時に力になりません。

この講習会は当院のスタッフにとっても大切な事ですから全員が高校生と一緒に毎年受けています。

救急救命処置は、人の命がかかっている時に効果を発揮する処置ですから、いつ・どんな時でも誰もがしっかり出来なくては意味がありません。

この時期は1月が始まったばかりですから、他に講習を受けている人などありません。

私の受講番号はいつも1番です。

危機管理というのは何事も起こらないようにするのが1番ですが、万が一起きてしまったら最善を尽くせる事がいいのです。

特にこの活動で診療する人達は、栄養不良のスラムの人達ばかりですからいつ・何が起こっても不思議ではない人達ばかりです。

いつ・何が起こっても直ぐに対応できるようにトレーニングを積んでおく事が大切なのです。

これが危機管理です。

毎年この時期に受講していますから、当院のスタッフの行動はハツラツとしていてとても頼もしく思います。

8年前から毎年講習してもらっている歴史を感じさせられます。

私達は「普通救命講習」で3時間の講習ですが、当院には普通コースを終了してから更に8時間コースを終了した「上級救命講習」のスタッフが3人います。

その3人もみんなと一緒にこの日の講習を受けてくれました。

念には念を入れて、どんな時にも対応できる経験と知識を身につけておくことが良いのだと思います。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアはフィリピンのスラムに行って歯科治療や物資の支援をしていますが、最悪の事態が生じたとしても最善の治療ができる技術や知識も研鑽して万が一に備えています。

2018年1月26日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

つい先日、正月を迎えたと思ったらもうすぐ3週間が過ぎようとしています。

風もなく穏やかな天気に恵まれた正月でしたが、冬将軍は今年もちゃんとやって来て新潟県では信越線が15時間も立ち往生させられてしまいました。

リスナーの皆様、風邪やインフルエンザにかからないようにしっかり防御して下さい。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018の出発まで20日を切ってしまいましたが、準備の方は順調に進んでいます。

今夜は長野県、長野高校在学の田辺希さんを紹介します。

彼女は出身中学校の後輩達に呼びかけてハブラシ1137本、タオル468枚、石鹸282個、鉛筆1305本、洋服149枚、ノート85冊を集めてくれました。

物凄い数でビックリしています。

希さんの作ってくれたポスターとチラシをメールで送ってもらいましたがとても判りやすく書けていました。

中学校の先生からは学校全体で協力したいという申し出があり、母親の職場では希さんに職場に来て直にハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの事、今回参加する話しを聞きたいという事になってそこでお願いすると、皆が喜んで協力してくれたとの事です。

群馬県、新島学園高校の松村さんも頑張っています。

ハブラシ105本、鉛筆50本、石鹸61個を集めてくれました。

本当に有難いです。

これらの学生は沢山集めたので紹介している訳ではありません。

この活動はスラムの人達を支援する活動ですが、活動に当たって自分一人だけではやる事に限界がありますので、周りの人達に協力してもらわなければ出来ません。

実際、田辺さんや松村さんがハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの事を話してくれたからこれだけ集められた訳です。

それでは話さなくても集まったかというと間違いなく1本も集まりません。

話せば話すほど、苦労すれば苦労しただけ報われるという事を知ってもらう研修なのです。

協力してもらえるとハブラシをお願いしている人が嬉しいのですが、本当は日本で頼む事の出来ないフィリピンのスラムの人達が助かる事になります。

フィリピンのスラムの人達の為にハブラシの提供をお願いしているのですが、協力してもらえた時の喜びはとても表現できないほど嬉しいものです。

高校生にハブラシのお願いをして欲しいと呼びかけているのはこの喜びを実感して欲しいからで、その逆も幾らでもあります。

その時の悲しみや切なさは味わった人でなければ判りません。

この体験を通して他人に依頼されたら、気持ちよく協力する事がいかに大切かという事を知って欲しいのです。

自分以外の人が集めてくれた物をその苦労も知らないで手渡しても、何の意味もありません。

私は常にこの活動をするにあたって心掛けているのは、素直になって・素直に聞いて・素直に実行する事に意味があると思っています。

そういう人は誰から見ても感じのいい、良い人に見えるのではないでしょうか・・・・。

2018年1月19日 医学博士・歯科医師 林 春二

成人の日

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2018-1-13 12:00

祐介先生こんばんは。

新しく成人になった皆様おめでとうございます。

現在の日本は様々な問題、例えば北朝鮮の核やテロ、地球温暖化、経済格差、イジメなどの問題が山積しています。

これらの問題に責任を持って一つ一つに対処していかなければならないのが成人の役割です。

今までは学生だから、成人ではないからという言い訳が出来ましたがそれは通じません。

これからは一人一人がこの日本をどういう国にしていくのか、この国を支えて来てくれた高齢者にどう対応していくのか、そして自分の後に続く様々な支えを必要としている人達にはどうしていくのか。

本当に気の遠くなるような問題ばかりなのです。

それを新成人の皆様の両親やおじいさん、おばあさんは皆様を支えながら取り組んで来てくれました。

そんな事なら成人したくないなんて思う人もいるかもしれませんが「覆水盆に返らず」後戻りは出来ません。

一つ一つ地道に取り組んで行くしかありません。

でも恐れる事はありません。

皆様の両親もしっかりと取り組んで来て、この日本を支えてくれたのですから、その一員として協力していこうという事です。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018も2月8日の出発に合わせ全力疾走しています。

長野県の上田西高校の滝沢理花さんは、ハブラシ、タオル、石鹸を集めるために自分が住んでいる地元地区の公民館前に「ハブラシ、タオル、石鹸を集めています」というポスターを掲げ、地区の皆様に呼びかけてハブラシ166本、タオル134枚、石鹸34個を集めてくれました。

過去14回の参加者の中でこれだけ積極的に他者に呼びかけ、活動してくれた高校生は初めての事です。

とても嬉しいです。

2011年に初参加した当院の武井さんもとても印象的でした。

私が倒れた翌々年の事でした。

「先生とフィリピンに行けるのは、これが最後になるかもしれないので私も参加させて下さい」と言う事でした。

その時「私に何が出来るでしょうか?」と言うので、スラムの人達は1日一食か2日に一食しか食べられない人もいるのだから、その人達の身になって「例え1日でもいいから食べるのを我慢してみたら」と話しました。

彼女は早速朝食を抜いて昼食も我慢しました。

しかし夕食にはつい手を出してしまったそうです。

こういう苦痛の日々が何年も続き、終わりがないスラムの人達の事を身に染みて判ってくれたようです。

以来、今まで以上に物資担当者としてしっかりやってくれ、フィリピンにも毎年行ってくれるようになりました。

このように人の言うことを素直になって、素直に聞いて、素直に実践してみると同じボランティアですが、意味も質も全く違ったものになると思います。

あぁだ、こうだと言って先に伸ばしたり、やらない事の言い訳をしても現実は変わりません。

リスナーの皆様今年はともかく素直になって、素直に聞いて、素直に実践する人になりましょう。

そして一人でも多くの人に「ハブラシ1本で命を救える」ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの話をして下さい。

2018年1月12日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

裕介先生、レインボータウンFMの皆様、そしてリスナーの皆様、明けましておめでとうございます。

月並みですけれど、今年も宜しくお願い致します。

今回は新年初めての放送であると共に700回記念重ねておめでとうございます。

1年は約50週ですから、50回として14年続いた番組です。

石の上にも三年と言いますが、一つの事を成すのに3年我慢できたら、もしくは3年努力を重ねる事ができたら大概の事はうまくいくということわざです。

その年輪を5回も重ねたのですから凄い事です。

祐介先生、レインボータウンFMの皆様、本当にご苦労様でした。

そしてリスナーの皆様がこの長い時の流れの中で変わらぬ愛情を注いで下さったお蔭とリスナーの皆様に御礼をさせて貰いたいと思います。

同時に祐介先生には今まで以上に健康に気を付けてリスナーの皆様に喜んで頂けるような番組にしてもらいたいと熱望します。

本題に入ります。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは第一に、スラムの人達への無料の歯科治療。

第二に現地で使うハブラシ・タオル・石鹸や高校生募金を周りの人達に呼びかける。

第三にこの活動を通して優しい思いやりのある日本人になってもらう。

第四にこの活動に高校生にも参加してもらい、優しい思いやりに満ちた国際人になってもらうという4つの柱で活動しています。

お陰様で高校生と一緒に活動を始めて19年目に突入します。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアと名前を変えて15回目です。

この柱の中で一番難しいのは第二の柱で、知らない人に話しかけ「15歳まで生きることが夢」だと語るスラムの子供達の為に1本のハブラシ、1枚のタオル、1個の石鹸をお願いしてくれる事です。

いつでも、何処でも、爽やかに明るい声でスラムの人達の為に支援を呼びかける事なのです。

「人の為に頭を下げる」事は理不尽のように思うかも知れませんが「着の身着のまま」で生活している人達、「15歳まで生きるのが夢」という人達の為に私達が出来る簡単な支援なのではないでしょうか。

身分保障がないのはおかしい、政治を変えた方がいい、お金を出したら・・・・というのはやりたくない人の言い訳でしかありません。

目の前で転んでいる子供を助けずに救急車を呼んだら?親は何処だ?と言っているようなものです。

目の前に困っている人がいたら、「出来る事」をしたらいいのではないでしょうか。

先ずは転んだ子供を起こして、怪我をしたら病院へ・・・・。

「私の夢は15歳まで生きること」と語るスラムの子供達の為にすぐ出来る事があります。

その子供達の為にハブラシ1本集める事で出来るボランティアなのです。

そのハブラシの提供を友人や隣人に呼び掛けるのがそんなに難しい事でしょうか・・・・。

一歩踏み出せない人は頼むのが恥ずかしいという事だと思います。

今年はそのベールを外して他の人に喜んでもらえる人になりましょう。

面倒くさくても一匹の蜘蛛を救ける事によって最悪の状態から私達自身を救済してくれる大きな力(ミラクルパワー)に巡り会えるのです。

それでは2018年が皆様にとって健康で幸せの多い年になりますようお祈り申し上げます。

2018年1月5日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

今年も一年間ハロアルレディオ生放送ご苦労様でした。

リスナーの皆様もこの一年間ハロアルレディオに温かい御声援を送って頂き有難う御座いました。

リスナーの一人として全ての皆様に感謝申し上げます。

この一年間放送する側も聞く側も無事に過ごせたからこそこういう日を迎えられたのです。

皆んなで喜びましょう。

フィリピンのスラムの人達への無料の歯科治療。

現地で使うハブラシ・タオル・石鹸・高校生募金を皆様に呼び掛けて提供してもらう。

この活動を通して日本人の優しさや思いやりを思い起こしてもらう。そしてこの活動に高校生にも参加してもらい、優しい思いやりのある国際人に育ってもらう。

という4つの柱で活動しているハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、皆様のお陰で2017年の活動も順調に終える事が出来ました。

2018年の活動に向けまっしぐらに突き進んでいます。

本当に有り難う御座いました。

去る11月16日、台風26号がフィリピンのサマール島、レイテ島に上陸して大きな被害を出しました。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは直ぐに、カビテ市のポンセさん宅に保管してある物資、募金を緊急支援しました。

被害が出てから集めるという事ではなく、普段から日本で集めた物資を送り続けているからこそ出来るボランティアなのだと思います。

これも一重にリスナーの皆様を始め、当会を御支援して下さる多くの皆さまののと感謝します。

「蜘蛛の糸」に出てくる極悪人カンダタでさえ、死に向かう林の中でたった一匹の蜘蛛の命を奪わなかったというだけで地獄の血の池から助け出そうとしてくれたお釈迦様のおみは普段から善行を重ねている皆様に降り注がない訳がありません。

幸せな人は更に幸せに、そうでない人にとってはこれから大きな幸せが必ず訪れるでしょう。

“親切は人の為ならず、明日は我が身”と言う言葉の通り「何かあった時にはお互いに助け合う」という事は人間として当たり前ですが「何も無い時に万一に備えて」という気持にはなかなかなれないものです。

けれども皆様が一本のハブラシで命を救えるハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの話をしてくれる事、共鳴してハブラシを提供してもらえる事は「万一に備える」危機管理の極みなのでは無いでしょうか。

間もなく始まる新しい年が希望に満ちた素晴らしい年になります様に、皆様と力を合わせて善行を重ねて行きたいと思います。

それでは今年最後の歯の一口メモです。

今年もいろいろな治療法が紹介されましたが、予防に勝る治療はありません。

転ばぬ先の杖、「歯」と「歯肉」をしっかり磨くハロアル磨きで大切な自分の歯を一生健康でいけるように守り抜きましょう。

悪い所がある人は少しでも早く治療して、二度と悪くしないようにハロアル磨きを徹底して下さい。

2017年12月29日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

寒い日が続いておりますが、リスナーの皆様お元気でしょうか。

先週は、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの本部長野県の林歯科診療所で11月、12月を「高校生募金月間」として取り組んでいる事を報告しました。

スタッフの呼び掛けに一人また一人と受付で募金をしてくれます。

声をかけなければほとんどです。

それでもここ数年の募金額は50万円が限度です。

ハブラシ、タオル、石鹸などの物資については年間を通して本部の方に届けられていますので、物凄い量になっています。

毎日十数人が物資を持って来て、受付で発する「有り難う御座います」と言うお礼の言葉に合わせてスタッフ一同のお礼の声が響きます。

この時期は事前研修に高校生が診療所に来ていますので、私も「今年のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに参加してくれてますので高校生募金お願いします」と患者さんにお願いさせてもらいます。

高校生も頭をピョコンと下げながら「お願いします」と声をかけてくれます。

物資のお願いもそうですが、募金はそれ以上で物凄く大変です。

私がこの活動を始めて13年が経ちましたが、毎年、声かけを嫌がらずにやってくれるのは当院のスタッフでさえ片手で数えられるぐらいです。

ですから普通の人はなかなか出来ないでしょう。

昨日の事でしたがハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018に参加する長野県上田染谷丘高校1年生の辺見さんがアルバイトをしている、軽井沢のお蕎麦屋さん「きこり」が協力している募金箱を持ってきてくれました。

このお店は軽井沢の西側、信濃追分にありますが、「追分の分去れ」と言う江戸から京都に向かう中仙道(今は国道18号線)と新潟に向かう北国街道のれをほんの数百メートル小諸方面に向かうと浅間サンラインの交差点がありその右側にあるお店です。

リスナーの皆様もこちらにお越しの際はお店に立ち寄って「ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアのメンバーです」と声をかけて下さい。

喜ばれると思います。

話がそれてしまいましたが、辺見さんに『今度はお会計の時、「私達ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアをしています。ハブラシ、タオル、石鹸、この活動に参加する高校生募金をお願いします。」と声をかけてごらん』と話しました。

募金箱を置いても声をかけるとかけないのでは大違いです。

恥ずかしいかも知れないけどそれを乗り越えてやるところに大きな力が流れるのです。

高校生の内からこういう活動をしていると素晴らしい大きな力に守られた「かっこいい大人」になってくれると思います。

それから、時計で有名な「シチズン」グループの皆様から毎日のように物資が届いています。

北海道は夕張の事業所から南は鹿児島まで全国各地の事業所の皆様からのプレゼントです。

こうした善意の贈り物を心を込めて届けられるよう私達も日々精進を重ねていきます。

 

2017年12月22日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは

ここ数日、この冬一番の寒波に襲われ寒い日が続いています。

日本海沿岸や北海道の皆様はこの時期から大雪に見舞われ、大変な事と推察します。身体に気を付けて寒さに打ちって下さい。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、第一にフィリピンのスラムに住む人達への無料の歯科治療。第二に現地で使うハブラシ、タオル、石鹸や募金を周囲の皆様に呼び掛ける。

第三にこの活動を通して私達の中にある優しさや思いやりを思い起こしてもらう。

第四にこの活動に私達成人だけでなく高校生にも参加してもらい、思いやりや優しさのある国際人に育ってもらうという4つの柱で活動をして今年13回を迎えました。

高校を卒業して何になりたいのか決まらなかった人達が、この活動を通して医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士に憧れてその道に進んでくれる人達も出てきました。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018に参加してくれる高校生は13期生になります。

歯科衛生士となって最初に参加してくれたのは、愛知支部の加藤先生のスタッフさんでした。

8期生としてフィリピンに行き、その後歯科衛生士になってハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2017に参加してくれました。

今回は長野県出身、真田氏の居城上田市にある病院の看護師をやっている9期生の山本恵理奈さんがOBとして現地活動に参加してくれます。

どんな活躍をしてくれるのかとても楽しみです。

林歯科診療所では今月を“募金月間”と位置付けて患者さんに“高校生募金”を呼び掛けています。

有り難い事に例年の事だからと言って、気持ち良く協力して下さる人を見ていると感謝と共に参加する高校生達にこういう人達がいてこの活動が今回まで継続できた事、そして次の世代の人達にこの優しい思いやりが日本を育てていく心だという事を伝えていかなければならないと思っています。

この活動を振り返ってみると経済的に恵まれないスラムの人達の無料の歯科治療がメーンですが、実際にやっていると私達の呼び掛けに協力して下さる人達の情や行動に支えられ、続けてこられたことに気付かされます。

今まで一度も話した事のない人に募金をお願いしたり、ハブラシ、タオル、石鹸の協力を仰いだりすることは大変です。

大変だからこそやりがいがあるのです。

親切は人の為ならず明日は我が身に振りかかるかも知れません。

こういう平穏な時にこそ危機感を持って活動できることに、とてつもなく幸せを感じます。

今年も残すところかになりました。

リスナーの皆様今年も一年間大変お世話になりました。

そして沢山のハブラシ、タオル、石鹸を有難うございました。

最後の最後まで一人でも多くの皆様がハブラシ一本で救えるハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに御協力下さる事をお願いし、皆様の御健勝を心から祈っています。

 2017年12月15日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

師走に入りアッと言う間に1週間が過ぎようとしています。

今年も残すところ3週間、20日余りになってしまいました。

光陰矢の如し、本当にめまぐるしく時が流れてしまいます。

つい先頃までプロ野球がメーンだったスポーツもサッカーに代わったと思ったら、1年を締めくくる大相撲になってそれも終わってしまいました。

それぞれに大きな感動がありましたが、終わってみればどれもこれも一瞬で消えてしまう“うたかた”の様にも思えてしまいます。

私達の身辺では北朝鮮の核とミサイルの問題が心配の種ですがアメリカ合衆国のトランプ大統領がここに来て、イスラエルの首都をエルサレムに認定しました。

このエルサレムはイスラエルとパレスチナで長い間問題になっていますので、トランプ大統領の判断が火に油を注ぐようにならない事を祈るばかりです。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018に参加する高校生の事前研修が佳境に入って来ました。

毎日何人かが来てくれ、明るく元気に

「何々高校、何年生、何々です。本日は研修に来ました。

宜しくお願いします。」

と入口でハッキリとわかる声を出してくれています。

当院の患者さんは殆どが高校生より年上の人ばかりですから、この声と明るさに元気を貰っている人達が多いと思います。

どうせ人に声を掛けるのですから相手が気持ち良くなってくれるような声が大切なのではないでしょうか。

高校生達は医療ボランティアで何が出来るのか不安に思っている人達も多いのですが、出来ることは沢山あります。

その一つがこういう若々しい力に満ちた声があります。

ですが高校生にはどんなに大きな医療効果を出しているかまだ判らないだけです。

こういう効果をプラシーボ効果といって、医療にとってはとても大切な事なのです。

この診療室での研修の他にハブラシ、タオル、石鹸、高校生募金をお願いするという事も大切な研修になっています。

今夜は、長野県の屋代高校に通っている中野さんを紹介します。

「自分の行動で他人の気持ちを動かしたい」というテーマで高校生、中学生を対象にハブラシ、タオル、石鹸の提供を呼び掛けてどれくらい効果が上がるか研究発表してくれました。

「ハブラシぐらい簡単に集まる」と思っている人達も多いと思いますが、やってみると大変なことが多い事に気付いてもらえるはずです。

その事もあって高校生だけでなく全ての参加者にお願いしているのですが、なかなか実行してもらえません。

そういう中で中野さんは280名の高校生に呼びかけても13本しか提供してもらえなかった事を反省して、中学生には一人一人に集めているメモを渡してお願いしたところ、240名の中学生から600点近い物資を提供して貰えました。

ハロアルは「素直になって、素直に聞き、素直に実行する」ボランティアです。

この活動をこうした研究に繋げて実践してくれた中野さんに乾杯したいと思います。

2017年12月8日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

11月26日の日曜日はハローアルソン2018全体会議ご苦労様でした。

この日のために栃木県のせきぐち歯科のスタッフ、日々輝学園高校の渡辺愛人先生、そして東京のいまにし歯科診療所のスタッフの皆様、全体会議の資料作りや準備本当にご苦労様でした。

この日を迎えるまでにどれほど大変な準備が必要だったか・・・・ご苦労様でした。

お蔭様でものすごく順調に会議を進めることができました。

この全体会議がハロアル2018に参加する人達の初めての顔合わせになるため、とても重要な会議です。

しかし今までDrの中に診療が休めないということで欠席するDrが何人かいました。

そのため現地の診療で、こちらの思いや気持ちを伝えられなかったことがありました。

今年こそ全員に参加してもらおうという執行部の意気込みもあり、当日欠席者には4万円負担してもらうことを決め全員に通知しました。

それもあって当日の参加者は病気欠席の1名、ヨーロッパのバルト3国からの出発便が欠航のため出られなくなった1名を含み3名のみが欠席しただけでした。

嬉しいことに多少遅れましたが、バルト三国から駆けつけてくれた看護師の並木さんも間に合い、2名欠席ですみました。

残念なことにこの2名は私のところのスタッフでした。

この全体会議で私が最初に皆さんにお願いしたことは「素直になって」「素直に聞いて」「素直に実行する」ことでした。

会議が終わった翌日、参加者からさっそく連絡が入り"初めて参加したけれど、とってもよかった"という声でした。

今回横浜から参加してくれる歯科の高畠先生はハロアル磨きは全身のツボミガキということを素直に聞いてくれ、早速調べてくれたそうです。そしてハロアルの仲間として、これから頑張ってくれるそうです。

中・高生の中には自分達で本当に役に立つだろうかと心配している人も多いですが、この素直さは中学生や高校生のほうが大人より優れているのです。

むしろ大人の人に中・高生を見習ってほしいくらいです。

参加して良かったといってくれた人に具体的にどんなところか聞くと、色々な人が多方面から話をしてくれ不安が一掃され、やる気が増してきたということでした。

とても単純ですがとっても前向きな感想です。

これで充分です。

後はマニラで沢山の経験をして感動をいっぱい受けてくれると思います。

それでは今夜の歯の一口メモです。

最近子供達の虫歯が減りましたが、12歳児のDMFT(う蝕罹患率)がようやく1本を切ったに過ぎません。

ところが私が校医をしている小学校では0.3本で全国平均より圧倒的に少ないことが分かりました。

小学生にもハローアルソン・フィリピンボランティアの歯ブラシの提供を協力してくれているうちに人に優しい人はむくわれるということ、当院の歯科衛生士が歯みがき指導を毎年やっている効果だと思います。

皆さんも歯と歯肉を磨くハロアル磨きを信じてやってください。

2017年12月1日 医学博士・歯科医師 林 春二

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク