ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 20170707のエントリ

儚い夢

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2017-7-7 14:00

祐介先生こんばんは。

熊本地震の傷も癒えないうちに、福岡県や大分県では大変な災害に見舞われました。

お見舞い申し上げます。

梅雨だというのに、かつて経験したことが無いような大雨に見舞われるというのは、やはり地球の気候が大きく乱れていると言うことなのだと思います。

「地球温暖化」が叫ばれて久しいですが、真剣に取り組んでいるとはとても思えません。

CO2排出量が全ての原因ではないにしても、国際的な気候変動対策からアメリカが離脱してしまいました。

いくら自国の経済を優先したとしても、大規模な災害が起こって生命の存続が脅かされたとしたら、誰も生き残ることは出来ません。

まず、「己の過ぎたる欲望を断ち切り」、全ての人が暮らせる世界を築く道を探すべきでしょう。

多くの国民が注目していた東京都議選も「都民ファーストの会」の圧勝と自民党の大敗で終わりました。

最大の要因は政治が誰に目を向けているのかが問われていたからだと思います。

これからは議会の情報公開が目まぐるしく変わるでしょう。

都民の皆様はその情報をしっかり受け取り取捨選択しなくてはなりません。

これからは皆さんの責任が重くなると言うことです。

2020年東京オリンピックも急進するでしょうが、これも喜んでばかりはいられません。

オリンピックは17日間、パラリンピックが13日間開催されるだけです。

ここに投資するおよそ3兆円が、たった30日間で回収できるわけではありません。

残された施設の負担が重くのしかかってきます。

ですから本当は既存の施設を利用し、出来る限りお金をかけないことがいいことだったはずですが、多くの皆さんは「新しい」「使いやすい」施設を作りたい欲望が強かったのだと思います。

今、地球の存続さえわからない大きな岐路にある「影」の部分には目を向けず、スポーツの祭展オリンピックというまばゆい「光」に眩惑されている人のほうが多いのでしょうね。

2020の後半が私の心配しているような世界になっていないことを祈りましょう。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの発想は、これらとは全く反対です。

家の中で使われていないで忘れている、1枚の名入れのタオル、旅先の思い出に持ち帰った1本の歯ブラシ、便利な液体石鹸にとって代えられた石鹸1つが、買いたくても買えないフィリピンのスラムの人たちの生活支援になるのです。

それどころか、この活動を通して、皆さんが思い出そうとしても思い出せないような「身の丈にあった生活」が、どんなに幸せで豊かなのかと言うことを大人の参加者、高校生の参加者の区別無く思い起こしてもらえるということです。

そして一人のわがままや欲望が、いかに愚かで儚い夢なのかと言うことを・・・・。

今、地球はまさに沈没寸前の泥舟に例えられます。

しかし、沈んでしまったわけではありません。

一刻も早く目を覚まし、みんなで美しいこの緑の地球を次の世代に引き継ぐ努力をしましょう。

2017年7月7日 医学博士・歯科医師 林 春二

七夕

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2017-7-7 13:00

祐介先生こんばんは

7月最初のハロアルレディオですね。

七月は旧暦では「文月(ふみづき)」と言い、七夕に因んで短冊に文字や歌を書き、書物の上達を祈ったことが語源とされています。

まさしく今日は七夕です。

祐介先生は短冊に何か書きましたか?

私の医院では、スタッフや子供達が近所の竹藪から笹の葉を頂き、医院の受付に飾りながら色んな願いを短冊に書きました。

「星に願いを込める」など、とても風流でロマンティックな話ですが、九州地方では記録的な豪雨に見舞われ、大変な被害がもたらされています。

まだその被害の全容はわかっていませんが、未だ安否が確認できていない方も多く、是非、お星さまにこの方々の無事をみんなで祈りましょう。

私は今年短冊にはこう書かせて頂きました。

「穏やかな 世の中で ありますように」

本当は患者さんたちの健康を祈るような言葉を書くつもりでしたが、もし、本当に星が願いを叶えてくれるならば、私は「穏やかな世の中」になる事を望みます。

私達は人間ですから、時にはお互いの主張や価値観がぶつかり合うこともあります。

それは職場や学校、友人や家族、隣近所、地域、社会、そして国と国までも・・・。

私達は人間ですから、時には自分の欲望やわがままを押し通したくなる時もあります。

それが全くない世の中というのは現実的に考えにくいでしょう。

だからこそ、私は「穏やかな世の中であって欲しい」と願います。

例えお互いの意見が衝突するときも、ふと、我に返り、相手を思う。

奪い合い、罵りあい、傷つけあうことはとても愚かな事だという事に気づき、心を穏やかにし、言葉を穏やかにし、行動を穏やかにするのです。

秘書をののしり一躍有名になってしまった国会議員もしかりです。

再三流れるあのテープレコーダーの音声は穏やかさの欠片もありません。

隣国たちの反日運動や、我が国でも聞くに堪えないヘイトスピーチは、どれだけ大きな声を張り上げても、人々の心を癒し変えることが出来ません。

数年前、ハロアルの現地活動の際、毎年マニラのホテルで行われる「高校生マニラミーティング」の議題で「思いやり」について考えました。

高校生たちは思い思いの考えを発表してくれましたが、会議の最後、ハロアル会長の林 春二先生が「思いやり」とは「許す事」とおっしゃいました。

私はその言葉が今でも忘れられず、もし、すべての問題に私が「許す」ことができたら、もし、すべての感情に私が「許す」ことができたら。

もし・・、私達みんなが、お互いを許し合い、認め合い、尊重しあうことができたら、この世界はきっと「穏やかな世の中」になるはずです。

テレビではミサイルが落ちてくるときの注意事項が流れています。

今も尚、沢山の人が、私達が作り上げた「欲」の為に尊い命を失っていきます。

もし、目の前の短冊に世界中の人たちが「自分の欲」よりも「誰かの幸せ」を祈ることができたら、きっとこの世界は「穏やかに」なるとは思いませんか。

私達はたった一つしかない「地球」に住む同じ人間同士なのですから・・・。

2017年7月7日 ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2017年7月7日は、バンド Sengen. がゲスト出演しました。

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2017 7月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(88.5MHz)
http://885fm.jp/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク