ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 20170901のエントリ

祐介先生こんばんは

祐介先生、先日の日曜日は大変お疲れ様でした。

私達ハローアルソンでは8月27日の日曜日、東京にて来年度の現地活動参加高校生の為の「高校生担当者会議」を開催しました。

今年は現在までに47名の高校生が応募をしてくれています。

彼らの活動がより安全で有意義なものになるために、全国から各支部の高校生担当者の方々にお集まりいただき、過去の問題点やこれからの注意事項などを話し合いました。

この活動には高校生が参加をします。

これは私達の活動理念でもある「4本の柱」の一つでもあり、ボランティアという人と人が共存し合う社会の実現と、本当の心の豊かさについて学びあうことで、私達の生活を見直し、次世代にこの思いを繋げることを目的としています。

ハロアルの会長 林春二先生はよく、「高校生の参加はこの国の世直しに通じる」と仰います。

つまり、ボランティアを通じ、社会的、肉体的弱者に対し、みんなが思いやりの気持ちを持ち、自分だけではない、誰かの幸せのために心を寄り添うことができれば、きっとこの世界は差別も戦争もない平和な社会へと生まれ変われるからです。

今、北朝鮮からのミサイルによって戦後最大の危機と言われるほど緊迫した情勢が続いています。私達ハローアルソンが考える社会とは全く真逆の状況です。

奪い合えばいつかは無くなります。

戦争はどんな理由であったとしても憎しみや悲しみしか生まれません。

自分たちの利益の為、自分たちの幸せの為、自分たちの未来の事ばかりを考えている時の顔は本当に醜く哀れです。

しかし、このハロアルに参加をしてくださる皆さんや高校生達の顔は本当に穏やかです。

歯の治療をする際に優しく説明をする先生方、クリーニングや歯ブラシ指導をする歯科衛生士さん達の素晴らしい笑顔、活動中いつもみんなを気にかけてくださる一般参加の人達の温かさ、そして、貧困という現実を目の当たりにしながらあまりにも自分たちの無力さを感じて涙し、それでも目の前のスラムの子ども達の為に自分たちができることを精いっぱいやる高校生たちの顔は私達大人が忘れかけた何かを思い出させてくれます。

そして、私が心から感謝をしたいのは、この高校生たちが参加をするにあたり、全国から沢山の人達が尊い募金をしてくださいます。

また、今回のように多くのハロアルメンバーがお忙しい中会議に駆けつけてくださり、みんなでこの活動を支えてくださいます。

だからこそ、この活動に参加をする高校生たちにはしっかりと理解して欲しいのです。

確かに私の時代とは比べものにならないような忙しさかもしれませんが、一人の高校生が参加をすることでどれだけの人間の支えによって成り立ち、どれだけの人達の思いが託されているか。

そして、今も尚貧困にあえぎ、私達の支援を心待ちにしているスラムの人達の事をしっかりと考えて欲しいと思います。

10月にはドクター登録、11月には全体会議があります。

私もがんばってしっかり準備をしていきたいと思います。

 

2017年9月1日 ハローアルソンフィリピン医療ボランティア 団長 関口敬人

宝探し

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2017-9-1 15:00

祐介先生こんばんは。


今年の夏は日照時間が短くて実りの秋というのに“稔り”が少ない秋になりそうです。

今年の雨にしても潤いの量ではなく、災害をおこしてしまうような激しい量です。

数年前から地球温暖化が叫ばれ、こんな日が来るのではないかと言われていました。

この状況が地球の終わりの始まりにならず、これで終わりになる始まりの日にして欲しいと思います。


私はスタッフの一人に患者さんの江本さんの治療をしながらこんな話をしました。


「他人から頼まれたら、何でも気持ちよく受け入れたほうがいいよ。


今やっていることで手一杯かも知れないが、そういう中で新たなことにチャレンジしてみると、意外にもうまくいくもんだ。


今やっていることが手一杯だと思っているのは自分だけでもっと大きな力があることを、頼んでくれた人が気づかせてくれているんだよ。


人に頼まれるということは自分開発の大きな宝探しだとも言えるんだ。


なんだかんだ理屈をつけてやらなければ宝は見つけられないよ。


しかし、やれば必ず見つかる宝だ。


『無駄骨』になることは無い。」


と話し終えると、江本さんは「若い人にはわからないかもしれないけれど、本当にそうですよね。」とスタッフに声をかけてくれました。


8月27日の日曜日にハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2018の高校生担当者会議をしました。


当日は関口団長以下20名が真剣に高校生参加の条件や高校生の指導について確認しました。


私はリーダーとして取りまとめる困難さのために枠を設定するような守りに徹する手法に走って欲しくないと思っています。


この会の設立当時は20名足らずでしたから一致団結するのは容易でした。


しかし、今のように100名を超え50名近い高校生が参加するようになるとそうはいきません。


設立当時には手探りで一人でも多くの高校生に参加を呼びかけていた頃と違い“いかに無理のない活動を”というような雰囲気になってしまいます。


それでは一人ひとりが本当に個を滅してハロアルに参加してくれる高校生の募集に力を注いでくれたかと問われると、はっきりと「ハイ」と応えられる人はいないのではないかと思います。


それではどうしてこんなに沢山の高校生が応募してくれるようになったのか考えてみると、体験者や学校の先生方、そして地域の皆様が紹介してくれ、協力してくれたところが大きいのです。


今年も申し込んでくれた高校生は、このような人達の努力でしかありません。


私達の努力ではないのです。


その人達の期待に応える事がハローアルソン・フィリピン医療ボランティアを更に大きくするチャレンジになるのです。


今、やっている事にあたふたしないで新しい宝探しに精を出す事で、私達自身が大きな宝物を掘り当てることになることを肝に命じて欲しいと思います。


ハロアルメンバーには、いつも素直で実行力が伴うチャレンジ精神を、いくつになっても忘れない人であって欲しいからです。


  2017年9月1日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2017年9月1日は、ダイナマイト☆ナオキさん がゲスト出演しました。

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク