ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 201803のエントリ

 

ハローアルソン活動報告会のご案内
ハローアルソン・フィリピン医療アクティビティー発表の集い(御代田町)

 

ハローアルソン活動報告会「第17回 フィリピン医療アクティビティ発表の集い(御代田町)」を、平成30年3月24日(土)エコールみよたにて開催いたします。

2018年(平成30年)フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動が2月8日~11日に行われました。
多くの皆様に支えていただき、今年も多数の高校生・中学生が参加することが出来ました。
皆様のご支援に、心から御礼申し上げます。

次世代を担う若者たちが、活動を通して得た貴重な体験談をお聞きいただき、「真の国際平和」「国際貢献」「真の豊かさ」について、共に考えていきたいと思います。

お忙しいとは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご家族、ご友人をお誘いいただき、会場に足を運んでください。
今年も多くの方にご参加いただきますよう、スタッフ一同お待ちしております。

 

日時

2018年3月24日(土)13:15~開演(12:00受付開始、12:30開場)

報告会

当ボランティア活動の概要説明、現地活動参加者による発表、スライド上映、写真・壁新聞の展示、ミニコンサートなど。

懇親会

報告会終演後に、お食事と歓談のお席をご用意します。

場所

エコールみよた
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町大字馬瀬口1901-1
電話: 0267-32-2770
地図:http://www.town.miyota.nagano.jp/category/bunnkashisetu/2146.html

鉄道

JR長野新幹線で軽井沢駅~しなの鉄道、御代田駅下車 徒歩約5分

佐久I.Cから15分/碓氷軽井沢I.Cから25分

協賛金

報告会 1,000円
懇親会 3,000円(報告会の料金を含む)
※売り上げは、ボランティアの活動資金にさせて頂きます。
※会場にて、未使用の歯ブラシ・タオル・石鹸など支援物資を集めております。
ご協力宜しくお願いいたします。

主催

ハローアルソン フィリピン医療を支える会(会長 林春二)

参加お申し込み・お問い合わせ

下記まで、報告会および懇親会の参加人数をお知らせください。
林歯科診療所 長野県御代田町 電話: 0267-32-3613
せきぐち歯科医院 栃木県那須塩原市 電話: 0287-62-6487

 

また、翌3月25日(日)には、長野県坂城町・さかきテクノセンターにて「第4回 ハローアルソン・フィリピン医療アクティビティー発表の集い(坂城町)」を開催いたします

ハローアルソン活動報告会のご案内
ハローアルソン・フィリピン医療アクティビティー発表の集い(坂城町)

 

ハローアルソン活動報告会「第4回 フィリピン医療アクティビティ発表の集い(坂城町)」を、平成30年3月25日(日)さかきテクノセンターにて開催いたします。

2018年(平成30年)フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動が2月8日~11日に行われました。
多くの皆様に支えていただき、今年も多数の高校生・中学生が参加することが出来ました。
皆様のご支援に、心から御礼申し上げます。

次世代を担う若者たちが、活動を通して得た貴重な体験談をお聞きいただき、「真の国際平和」「国際貢献」「真の豊かさ」について、共に考えていきたいと思います。

お忙しいとは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご家族、ご友人をお誘いいただき、会場に足を運んでください。
今年も多くの方にご参加いただきますよう、スタッフ一同お待ちしております。

 

日時

2018年3月25日(日)13:00~開演(12:00受付開始、12:30開場)

報告会

当ボランティア活動の概要説明、現地活動参加者による発表、スライド上映、写真・壁新聞の展示、ミニコンサートなど。

懇親会

報告会終演後に、お食事と歓談のお席をご用意します。

場所

さかきテクノセンター
〒389-0603 長野県埴科郡坂城町南条4861-35
電話: 0268-82-0001
地図:www.sakaki-tc.or.jp/map.htm

鉄道

しなの鉄道、テクノさかき駅下車 徒歩約3分

坂城I.Cから5分

協賛金

報告会 1,000円
懇親会 3,000円(報告会の料金を含む)
※売り上げは、ボランティアの活動資金にさせて頂きます。
※会場にて、未使用の歯ブラシ・タオル・石鹸など支援物資を集めております。
ご協力宜しくお願いいたします。

主催

ハローアルソン フィリピン医療を支える会(会長 林春二)

参加お申し込み・お問い合わせ

下記まで、報告会および懇親会の参加人数をお知らせください。
林歯科診療所 長野県御代田町 電話: 0267-32-3613
せきぐち歯科医院 栃木県那須塩原市 電話: 0287-62-6487

 

また、前日3月24日(土)には、長野県御代田町・エコールみよたにて「第17回 ハローアルソン・フィリピン医療アクティビティー発表の集い(御代田町)」を開催いたします。

情熱

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2018-3-9 13:00

祐介先生こんばんは。

平昌オリンピックも終わり、これからパラリンピックが始まります。

今まで以上に盛り上がるように私達一人一人が力を入れて応援しましょう。

日本人は“熱し易く冷め易い”と良く言われます。

特にボランティアはそうです。

何か問題があると“ワァーッ”と集まりますが直ぐに忘れてしまいます。

ところが、私達ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは4つの柱を掲げてボランティアを始めてから一年ごとに参加者も協力者も増え続けているから不思議です。

第1に、フィリピンスラムに住む人達への無料の歯科治療。

第2に、現地で使うハブラシ、タオル、石鹸を地域の人達に呼び掛けて協力してもらう。

第3に、この活動を通して自分の中に眠っている、優しさや思いやりを思い起こしてもらう。

最後の第4は、この活動に私達だけでなく高校生にも参加してもらい、優しい思いやりのある国際的な日本人になってもらうという柱です。

この4つの柱のどれもこれも一回やれば終わるという物ではありません。

その為に団長の関口先生や現地統括責任者の祐介先生だけでなくメンバーは常に周りの人達に、ハブラシ、タオル、石鹸の提供を呼び掛けてくれています。

来る日も来る日も・・・・です。

ですからハロアルメンバーは「熱し易く冷め易い」どころか「活火山のマグマのように燃え尽きる事のない情熱」の持ち主です。

そして全員が一丸となって、来年2月に行われるハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2019に向けて脇目をふらずに頑張っている所です。

そんな所に長野市の地区住民自治協議会ボランティアセンター長の北野さんからハブラシが届きました。

ダンボール箱を開けると一通の手紙が入っていました。

「この度、未使用のハブラシによるボランティア活動の御様子を新聞にて拝見させて頂きまして、素晴らしい事業と賛同致しました。

早速、地域に呼び掛けました所、沢山集まりました。

私共のボランティアでも何かお手伝いが出来ましたらと思いまして実行に至った訳でございますが、フィリピンの子供達に少しでも思いが届きましたら幸甚です。

お手数をお掛け致しますがよろしくお願い致します。」

という内容でした。

そもそもこの北野さんが目にしてくれた新聞は今年のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに参加した上田西高校の今井亜美さんが長野市の図書館にハブラシ集めのポスターを貼った事に始まります。

それが長野市民新聞の記者の目に触れ、長野市民新聞にこの事を掲載してくれました。

その新聞を見てくれた今回の北野さんに繋がっていったのです。

一人一人の努力も大切ですが一人ではどうしても限界があります。

他の人に伝える事によって力のある人に巡り合い、大きな大きな力になるのです。

これが“熱し易く冷め易い”という力に大きなエネルギーをくれ“消しても消しきれないマグマ”になる事を肝に命じて欲しいと思います。

 2018年3月8日 医学博士・歯科医師 林 春二

行動

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2018-3-9 12:00

祐介先生こんばんは

「春の嵐」といいますが、私の地元でも昨日から雨が降り続き、ここ数日どんよりとした天気が続いています。

気温こそ暖かくなってきましたが朝夕はまだ肌寒く、本格的な春はもう少し先のようです。

冬季オリンピックも終わり今週からはパラリンピックが始まります。

先週もお便りをしましたが、是非、選手の皆さん、怪我の無いよう!

そして悔いの無いよう!

頑張ってください。

応援しています!!

しかしある程度予想はしていましたが、新聞のテレビ欄を見れば一目瞭然、放送枠の激減に改めてがっかりさせられるのは私だけでしょうか。

さて、今度の日曜日、3月11日はあの東日本大震災からちょうど7年が経とうとしています。

毎年この時期になると震災の映像や復興の様子などが放送されますが、家や家族、そして故郷を失った人たちの悲しみと7年という年月の中でそれに立ち向かい一生懸命生きておられる姿を見ると、日本中が決してあの震災を過去のものにはせず、悲しみから多くのことを学び、まだまだみんなで支え合わなければならないと思います。

しかし、震災当時は「絆」という言葉が日本中を一つにしましたが、政治家の大先生らの関心ごとはいつまでたっても「森友問題 一色」です。

私はいつも不思議に思うのですが、野党の皆さんもあんなに一生懸命出張までして、なんやらのコピーを取りに行く労力があったら、北朝鮮に拉致された人たちを救うためにもっと真剣に議論すればいいのに。

「国民のため」というならば超党派の議員団を結成してあの国に出向き、声高らかに得意のシュプレヒコールをあげたほうが、よほどこの国のためになると思いますが・・・。

さて、もう一つ、いよいよ今月末には私たちハロアルの報告会が長野県北佐久郡御代田町「エコールみよた」にて行われます。

それに先立って、昨日ハロアルOG栃木県出身の藤井さんから進学した専門学校の学園祭でハロアルの特設ブースを作り物資を集めてくれたものが私の医院に届きました。

そこには「2日間でしたので思ったようにたくさん集めることができませんでしたが、あたたかい励ましの声をたくさんいただきました。

より多くの人たちに関心を持ってもらいたい。」

と書かれていました。

たった数年前に初めてこの活動に参加をし、少し大人しめで声も小さかった少女が、今ではこの活動を沢山の人たちに広め、協力してくれる素晴らしい仲間となりました。

たった一言、たった一つの行動が、自分を変え、周りを変え、いつかこの世界を変えます。

私も彼女たちに負けないように、心を込めて報告会の準備にとりかかろうと思います。

2018年3月9日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

春一番

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2018-3-2 0:10

祐介先生こんばんは。

昨日、今日と物凄い風でした。

春一番と言ってもこういう一番は有り難くありません。

急がず、慌てず穏やかな方が良いと思います。

2005年に第一回ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアが発足して、アッという間の13年でした。

それから干支も一回りして2巡目に入りました。

第一回のハローアルソンに参加してくれたメンバーは23名。

今は無くなってしまいましたが、アメリカ第七艦隊があったスービックという町の半島の先にあるナギャントック村でした。

陸路はなく漁船に乗ってしか行けないたった30戸しかない村でした。

トイレがあるのはたったの5軒で電気があるのは10戸だけでした。

その電気もバッテリーからとるものでした。

陽が昇れば起き、夕暮れと共に眠るという原始的な生活の人達でした。

ハローアルソンチーム以外の支援は全く無く、スラムの人達からはまるで神様のように思われました。

そこで縄引きをやったり、カスタネットでリズム合奏をしたり心と心の交流をはかりました。

その時のスタートがあって今の13回のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアがあるのです。

あの時、高校生3人を含めてもたったの23人しかいない人達だけでフィリピン医療ボランティアが出来るか不安に思いましたが、「精一杯」出来る事をしようという思いで臨みました。

それが現在の「全身全霊」に繋がっています。

たった30戸のスラムですが子供達は多く、綱引きの縄を準備したり、祐介先生はカスタネットを10数個用意して子供達と音楽を楽しんでくれました。

どちらもスラムの子供達にとって初めての事ですから楽しかったと思います。

そこで団長の関口先生は患者さんから、歯の痛い時には「こめかみをって痛いの痛いの飛んで行けと神様にお祈りするしかない」という話を聞いてくれました。

そして一番大きな事は、そこで使用した注射針や血液の付着したガーゼをコンクリート積めして、村の人達が怪我をしないように最善の処置をして来た事でしょう。

この発想は現在の日本でも行われている医療廃棄物の最終処理と何ら変わりがありません。

発展途上国に於けるボランティア活動であっても、私達先進国と全く同じ最新の方法をとるハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの「精神」の真髄はここにあります。

今世界中が異常気象に悩まされていますが、ハローアルソンの精神でCO2に対応していたら、もっともっと早く地球温暖化に歯止めが効くのではないでしょうか・・・・。

こういう事を通して、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは一生懸命やっていますが、世界中の人達が「一致団結」して「全身全霊」で全ての生命が健康で長生きするためという視点からすると、「天狗になるな!私達の活動はまだまだだぞ」という「天の声」には聞こえないでしょうか?

2018年3月2日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは

オリンピックも終わりいよいよ来週からパラリンピックが始まります。

私個人としては是非このパラリンピックをもっと放送してもらいたい!それは障がいを持った人達うんぬんより、純粋に努力をする人間のすばらしさとひた向きさに、感動というよりも尊敬に近い感情でいつも応援しています。

特に!!やはりスノーボードの成田緑夢(グリム)選手!あの成田童夢選手の弟で練習中にケガをされ左足の腓骨(ひこつ)神経左膝下まひの障害を負ってしまいパラリンピックの選手として復活されました。

もちろんその他の選手も、皆さん怪我の内容に頑張って欲しいと思いますが、不屈の精神と努力で頑張る姿は本当に感動します。

是非、マスコミも視聴率ばかりではなく真のオリンピック精神に則った報道を期待したいと思います。

しかし、祐介先生はどう思いますか。

「羽生選手の国民栄誉賞」もちろん彼の活躍は素晴らしいと思いますし、それに値する人物だと思う方が多いのでお名前が挙がっているのでしょうが、どうなのでしょうか?   私などはもっと他に称えても良いだろうと思う人物は沢山いると思ってしまうのですが。

五輪3連覇の柔道野村選手、言わずと知れた体操内村選手、個人的には野茂やイチロー!皆さんそれぞれ色々な意見はありそうですね。

先日は将棋や囲碁界からもその偉大な記録から二人もでましたが、それならば麻雀界から二十年間無敗の桜井章一なんか偉大どころかもはや伝説です。

しかも将棋や囲碁は相手は一人ですが麻雀は3人ですからね。

それよりもなぜスポーツや芸能ばかりなのでしょうか。

ノーベル賞受賞者は辞退者を含め誰一人頂いていないと思います。

そう考えるとどうしても巷で言われているような政治家の人気取りと言われても致し方ないですね。

またそれに利用されているように見える金メダリストも実に可哀そうです。

個人的な意見とすれば金メダルの偉業は素晴らしいですがそれに便乗することを真っ先に考えるのではなく、政治家なら例えば、 女子カーリングチームのおやつに食べている「イチゴ!」彼女らが「韓国のイチゴはおいしい」と発言したことによって物議を交わしているようですね。

それもそのはず、 韓国のイチゴは90%以上は日本の品種を基礎とし無断で持ち出され勝手に交配した後ちゃっかり名前を変えて流通しているものばかりだからです。

その経緯をお話しすると長くなってしまいますが、ともかく、政治家なら今日本の農家の方が血のにじむような努力をしたフルーツがどんどん韓国に無断で持ち出されている現状をどうにかしなさいよ!もちろん彼女たちには何ら比などあるはずもありませんが、イチゴ王国栃木県の私としては、それこそ国民栄誉賞クラスのおいしいイチゴ農家の方々のためにももっと皆さんに関心を持って頂きたい問題ではありました。

ともかく、帰国されメダリストたちが連日テレビに出続ける様は本当に気の毒ですが、メダルを取った方もそうでない方も本当にご苦労様でした。

そして今度はみんなでパラリンピックを応援しましょう!!!

2018年3月2日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口 敬人

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2018 3月 » »
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク