ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 20180720のエントリ

気候

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 関口敬人先生からのお便り
執筆 : 
sekiguchi 2018-7-20 14:00

祐介先生こんばんは

「命の危険にかかわる暑さ」

「できるだけ外出は控える」

祐介先生、こんな言葉私たちが子供のころ聞いた覚えはありますか? わずか30年、40年の間に日本だけではなく、世界中の気候が激変していますね。

しかし、ここ数年これだけ世間が「熱中症予防」や「対策」を啓発していても、連日のように救急搬送される方や亡くなる方までいらっしゃいます。

特に、子供たちが学校の授業や部活など大人の管理下にいるのにも関わらず、熱中症になってしまうニュースを聞くと、学校は何をしているのだと、言われても仕方ありません。

私の息子は中学校2年生で、野球部のピッチャーをやっていますが、毎日自宅に帰ってきたときの顔は茹蛸みたいになっており、眼球を見ると若干赤く血管が拡張しているため、目も日焼けをしてしまっているのです。

彼曰く、やはり練習中はしんどくても、なかなか監督に言い出せないというのですが、今まさに夏の高校野球の甲子園予選が各地で行われています。

選手だけではなく観客席で応援する皆さんも十分お気をつけてください。

しかし、もはや「私たちの時代は・・・」などと言っていられない状況ですね。

昔は学校に冷房なんて、と思っていましたが、今や冷房がなければ死んでしまう可能性もある時代に、全国の小中学校の冷房普及率はいまだ半数ほどで、私の地元の学校でもようやく設置計画が進むという段階です。

しかし、教育環境の平等化といって、設置されていても使うことができない学校もあるらしく、私の地元では現在駅前に30億円以上をかけて「図書館」を建設しているのですが、そんなものを作る前に子供たちの生活環境の改善を優先すべきだという意見も多く出ているぐらいです。

リスナーの皆さんもどうかお体にはお気をつけください。

さて、私たちハローアルソン・フィリピン医療ボランティアも来年の活動に向けていよいよ準備が始まりました。

まず、2019年度の高校生現地活動参加者募集が7月31日をもって締め切りとなります。

現在、すでに各支部から数名の応募をいただいておりますが、締め切り日もせまっておりますので、まだ参加を悩んでいる高校生の諸君!ぜひもう一歩足を前にだして、私たちと一緒に頑張りましょう!

そして、このラジオをお聞きの皆さんにお願いがあります。

現在、フィリピンのスラムへ支援する物資の状況ですが、今「タオル」が非常に少ない状況になっております。

先週のフィリピンを襲った大型台風の支援としてご協力させて頂いたため、来年度に使用するタオルがありません。

是非、ご自宅にある「タオル」、バスタオルでも結構です。

ご協力いただければ幸いです。

皆さんのタオルが海を越えて 幸せのバトンとなり子供たちのもとに届きます。

どうかよろしくお願いします。

2018年7月20日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口 敬人

祐介先生こんばんは。

西日本の豪雨被害に遭われた皆様本当にお気の毒様です。

そして亡くなられた方々のが安らかな眠りにつきますように心から祈っています。

また日本中猛暑で大変な状況ですが、とりわけ被災地の方々やボランティアに行かれている皆様、くれぐれも熱中症にならないよう水分補給、休憩時間を十分取りながらことに当たってください。

ニュースではボランティアが全く入らない地域の報道をしていましたが、一分でも早く支援が入ることを祈っている中で被災地の皆様がお互いに協力し合っている報道もあり心が打たれます。

こんな時こそみんなでやりくりする大切さがよく判ります。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアでも、岡山支部長の木本先生を中心に当会として今どんなことが出来るか現地に入って検討中です。

こちらも一秒でも早く実行できるように頑張っていきます。

こういう災害が起きるたびに私は思うのですが、この国の対応のさがとても気になります。

同じ日本人のためです。

私達は多少の我慢は出来ます。

被災者が明るさを取り戻し、やる気を起こさせる政策を実施して欲しいです。

トランプ大統領が来れば一機1,000億近いイージスアショアーをポイと買ってしまう政府が、災害地の復興や福祉医療には何かと難癖をつけ、出し渋りをします。

そして決まって「財源が無い」の一言です。

なのに兵器には財源は無いのにどうして買えるのでしょうか。

アメリカと日本どちらを向いている政府なのか。

本当に不思議な国です。

国会でもそうです。

質問のピントを外しおいのことを長々としゃべりまくり、無駄な時間を費やし最終的には強行採決です。

これはどうみても独裁社会のやり方で、民主国家とは言えません。

民主国家といえば、官僚の決済文書の書き換えの不条理に耐えかねて自死の道に走った人がいるのに知らん振りです。

こういうなりふり構わないことが出来る人に心があるとは思えません。

こういう心があるとはとても言い切れない人に、この美しい日本を任せきりでいいのでしょうか・・・・。

こんな国の国会議員ですから、西日本に今まで経験したことのない豪雨だというのに飲んで騒いでいる写真をTwittrに載せてしまうのです。

かつてフランスの外交家ポールクローデルは「明治時代の日本人は貧しいがとても高貴だ。

もしこの地球上に一つの民族を残すとすれば、日本人以外に考えられない」と言わせた日本人はすごいと思います。

そしてその明治の人達はこの皆さんのあり方をどう見ているのでしょうか。

哀れな国会議員がいる一方で、日本人として誇りに思える行いを示してくれた人達がいました。

今回のサッカーロシアカップで、自分達の座った客席を無言で片付けてくれた応援団の人達です。

更にその極みはデンマーク戦のあとの選手たちのロッカーのあのきれいな姿でした。

それに比べ今の官僚や政治家の皆さん、あの人達に身の処し方を教えてもらってください。

2018年7月20日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2018年7月20日は、JUNKYPOPさん がゲスト出演しました。

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク