ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 20190405のエントリ

祐介先生こんばんは。

先週の土曜日ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2019の報告会ご苦労様さまでした。

当日は、軽井沢町の隣の御代田町にある“エコールみよた”に327名の参加者をお呼び出来ました。

当日FM軽井沢の中継があったり、新聞でも知らされていたので、当日券で来てくれた人が99名もいました。

本当に有り難いです。

この活動はフィリピンに住む経済的に大変な人達を対象にしています。

中にはバナナ1本を一日一回だけ、しかも家族全員で分け合って食べている人もいます。

こういう状況を目にすると、自分との違いに嫌でも気付かされます。

学校に通えること、学校から帰れば温かい家があること、温かい食事が摂れること、しかも毎日食べきれないほど食べ物に恵まれていること、毎日お風呂に入れること、そして温かいベッドで眠れること・・・・。

どれをとっても素晴らしいものばかりなのに、当たり前すぎてそんな素晴らしさに気付けない自分に思わず涙が出てしまい、次に口に出るのはこういう生活をさせてくれている親への感謝であり、日本という国への感謝です。

ハロアルに参加してくれた全ての高校生が共通に抱く感情です。

皆さんがいつも見ている高校生とは大違いです。

高校生の通う学校は公立校もあれば私立校もあり、特に有名な名門私立校もあれば宇宙飛行士の出た群馬県内随一の進学校もあります。

将来、医者になりたいという高校生もいれば、パティシエや介護の道に進みたいという高校生もいて、将来の夢は一つではありません。

しかしどの高校に通っている高校生も皆、スラムの人達のお蔭でみんなが感謝する心を取り戻してくれます。

やはり“百聞は一見にしかず”ということもありますが、スラムと言う何が起こるかわからない社会に乗り込んで、つまり自らの命をかけてそこで“私の夢は15歳まで生きること”という人達の話を聞くのですから本来、人間の持っている“やさしさ”や“思いやり”を思い起こしてもらえるのだと思います。

だから親への感謝が素直に口に出てくるのだと思います。

ハローアルソン・フィリピン医療アクティビティ2020は既に4月1日にスタートを切りました。

今回もこういう高校生が沢山出たように、ハローアルソン2020にももっと多くの高校生にこの思いを伝えていきたいと思います。

それにはハロアルのメンバーがもう一度バンドを引き締めて周りの人達に呼びかけると共に、リスナーの皆様にもご協力いただかないと出来ません。

私達はこれからも今まで以上に頑張っていきますので皆様にも更にご支援くださることをお願いしたいと思います。

2019年4月5日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは

祐介先生、先週のハロアルフィリピン医療ボランティア現地活動報告会、大変お疲れさまでした。

今年も300名を超す沢山の人たちにご来場いただき、事務局のスタッフをはじめ沢山の方々のご協力のおかげで素晴らしい報告会となりました。

今年は中学生、高校生の発表のほかに、愛知県キララ歯科の加藤先生による現地活動の様子や、宮城県みうら歯科医院の三浦先生による東日本大震災とハロアルの繋がりなども発表され、ご来場されている方の中には涙を流される方もいらっしゃいましたね。

中高生たちも大きな声でしっかりと発表をしてくれ、会場からはそれぞれの生徒たちに沢山の大きな拍手を頂きました。

また、お忙しい中、一般参加者の皆さんも駆けつけてくれ、会場には過去にこの活動に参加をしたOB・OGの先輩の姿も見え、とてもうれしく思いました。

少し残念なのは今回この日程が急遽変更になったため、現地参加をした大人の方のご都合が合わず、例年より参加人数が少なかったことです。

来年はその反省を含めしっかりと準備をしていきましょう。

さて、報告会も終わりこれを持ちまして2019年度のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの全ての活動が終了しました。

今年は132名の参加者を賜り、68名の中高生が参加をしてくれました。

祐介先生の感想はどうですか?

年々活動の輪も広がり、 特に高校生たちの参加の増加は著しく、その生徒たちの質の良さも目を見張るものがあります。

しかし、今70名を超えようとしている高校生たち、そしてこれからハロアルを人生の分岐点と考え、未来に夢を抱く若者たちを受け入れるために、私たち大人がどれくらいの覚悟と真剣さでこの活動と向き合っているでしょうか。

今回、新潟支部のある生徒がマニラでのミーティングの際、

「ここに来るまで死のうと考えていた。

しかし、羽尾先生が学校にハロアルの講演に来てくれ、この活動と出会ってもう一度頑張ってみようと思った。」

と発表しました。

私はその言葉を聞いて、私たちの何気ない言葉や行動、そして私たち大人が決める一つ、一つで一人の若者の人生が変わり、未来が変わることを痛感しました。

これから更にこの活動の輪は大きくなることでしょう。

しかし、 どんなに大きくなろうとも、14年前、会を発足した時に掲げた理念を決して忘れることなく守っていこうと決意しました。

私たち大人には責任があります。

それは言葉であり、行動であり、社会を作り子供たちのために未来を作る責任です。

手を放すことはとても簡単です。

見切りをつけることはもっと安易です。

しかし、私は15年前初めてこの活動と出会い、高校生の発表を聞き、こんな私の手を彼らの言葉がつかんでくれました。

私はこれからその恩と責任を人生をかけて果たして行こうと思います。

祐介先生、さぁ来年の活動はもう始まっていますよ。

また一緒に頑張って行きましょう。

2019年4月5日 ハローアルソン・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2019年4月5日は、舞台「輪舞-Rondo-」出演 佐藤圭さん、髙橋祐子さん、東浩一さん、宮下美和さん、一穂さんがゲスト出演しました。

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2019 4月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(88.5MHz)
http://885fm.jp/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク