ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 202001のエントリ

祐介先生こんばんは。

フィリピンではマニラ南方60kmにあるタール火山が噴火し、マニラでも灰が降り大変な状況になっています。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの現地の最強の仲間である、ラハ・ソライマンロータリークラブのリッキーさん達が、既に現地に入り救援活動をしてくれています。

その際、今年の活動に使用するために送ってあるタオルを使わせて欲しいと、関口団長のところに連絡が入り、団長がすぐに許可を出してくれました。

私のところに団長からメールが入ったのが13日の10時でした。

すぐに物資担当の武井さんに連絡をとりました。

幸いなことに休日でしたので、スタッフの会計担当の木内さん、高校生担当の桜井さん、里見さんの4名が診療所に集まってくれ、今回参加者が機内に持ち込んでくれる手荷物10kgが3つ入るダンボール箱を4箱つくり、リッキーさんに送ってくれました。

緊急送付しなくても、ハロアル2020で使用する物資は活動できるだけ準備してあります。

ところが、ここに来てフィリピンのタール火山の噴火という緊急事態が起こってしまいました。

私達もできる限りのことをしようという考えで、今回の緊急事態の支援を始めました。

リスナーの皆様も、今まで以上に周りの人達に呼び掛けて、少しでも多くの物資を送れるようにご協力くださることをお願いします。

その他にもタール火山の被災者の方々にお米を支援するお金も必要です。

お一人お一人の金額は多くなくても結構ですので協力してください。

こちらも少しでも多くのお米が支援できるようにしたいと思います。

よろしくお願い致します。

振り込先は

上田信用金庫 御代田支店

普通口座 口座番号 4008865

名義 フィリピン医療を支える会 代表 林 春二

 ハロアル2020の出発まで残すところ20日になってしまいました。

ここまでくると5回の事前研修を受ける高校生も少なくなり、診療室から若々しい高校生の声も少なくなりました。

その分、患者さんから「頑張ってね」と優しい声をかけられる機会が増え、とてもほほえましく思います。

今年のハロアル2020はタール火山の噴火の推移を見ながら予断は許されませんが、こうして応援してくださる皆様方の期待に応えるためにも、更に念を入れて準備をし、出発に備えたいと思います。

日本に残られる皆様にお願いがあります。

今年の活動が無事終わり、スラムの人達に喜んでもらえる活動になるように、祈っていてください。

 

2020年1月17日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

正月を迎えたと思ったらもう10日です。

何と時の流れの早いことか・・・・。

昨年3月30日に行われた、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの報告会をもって“ハロアル2019”の活動は全て終わりました。

それから“ハロアル2020”に参加してくれる高校生の募集が始まり72名の高校生の参加が決定しました。

昨年10月から始まった事前研修も予定通りに進み、2月7日の出発に向けて滑走路に向かっています。

出発を2ヵ月後に控えた今年の1月1日、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに特段の配慮をし、報告会では常に舞台の左側に大きな花束を提供し続けてくれた佐藤二三江先生が永眠されました。

佐藤先生は、日本歯科衛生士会の副会長をされたり、現在、関口団長と祐介先生が講師をしている太陽歯科衛生士専門学校にも橋渡しをしてくれました。

直接スラムに行くことはありませんでしたが、こうして親身な支援をハローアルソン発足から15年に渡ってしてくれました。

また日本歯科新聞にも当会の活動の発表の機会を何回にも渡って支援してくれ、本会のPR活動や社会に公表する場を提供してくれました。

しかし病魔は先生の体を蝕みの別れになってしまいました。

あちらの世界でも、きっと周りの人達の幸せのために活躍してくれていると思います。

先生の安らかな休息と平穏な日々が続くことをお祈りし、私達ハローアルソンの活動の守り神になってくれることをお祈りします。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2020の出発まで1ヶ月を切りました。

この活動は、こうして沢山の人達に支えられここまで来れました。

これからも常に、謙虚に、コツコツと努力を重ねていこうと思っているところです。

今回は事前研修に来ていた高校生に、私が声かけをしているのを聞いた患者さんが取った行動について書いておきます。

この患者さんは20年来の患者さんで、いつ来ても感謝の言葉より苦情というか責めることばかりで出来れば触れたくないタイプです。

リスナーの皆様にとってもそういう人は一人や二人いると思います。

高校生に他の人から声をかけられたら、大きな声で「ハイ」と言うこと。

自分では言ったつもりでも相手に「小さい」と言われたら素直に「すみません」そして大きな声で「ハイ」と答えること。

これは怒られているのではなく「そうした方がいいよという激励の言葉なんだからね」と言うと、その患者さんも「本当にそうよ。こういう大切なことを学校では教えてくれないからね。頑張ってね」と声をかけてくれました。

自分の意思を伝えるとき、言葉の持つ意味は20~30%と言われています。

声の大きさ、強さ、口調や表情、態度でいくらでも表現できます。

それでも本当に大切なことは言葉にかないません。

ですから、他の人が聞いて気持ちよく「ハイ」と言う言葉はとっても大切なんだよと言うことを説明しています。

治療が終わった後でその患者さんが思いもよらない行動をとりました。

今まで積極的にこの活動に応援してくれていなかったのに、「高校生カンパです」と5,000円出してくれました。

嬉しいお年玉でした。

2020年1月10日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2020年01月03日(金)は、シンガーソングライター 一穂さん、モデル 雄城さん、バンドVorchaos Vocal 淳 さんがゲスト出演しました。

 祐介先生明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願い致します。

昨年の最終回にキョーヤさんが出演、久しぶりにキョーヤさんの元気な姿を見られて嬉しく思いました。

昨年はいつもより大きな災害がいくつもあり、大変な思いをされた皆様も多かったと思います。

今年は皆様にとっても輝かしい年になるように心掛けましょう。

今日1月3日現在で災害に遭っていませんが、例えこの瞬間に災害が起こってもアタフタしないで準備しておきましょう。

飲料水、非常食、寒さに耐えられる衣服、そして電気を使わなくてもよい反射式の石油ストーブと非常用の灯油を最低50リットル、これくらいは揃えておきましょう。

我が家では1週間に1日、「災害非難の日」として缶詰食、野菜の煮付、パンと牛乳だけを食す日にしています。

その都度古いものを遣って新しく補充していますから、いつ何があっても対応できるようにしています。

実際にはこんな日が来ないことが一番いいのですが、過去の日々がそんなことは無理なことを証明していますから、準備しておいて困ることはないでしょう。

山国信州でも佐久市と長野市で大きな水害に遭いましたので、全国どこであっても不思議ではありません。

「備えあれば憂いなし」という諺もありますので、他人事と思わないで自分のこととして肝に銘じましょう。

さて後1ヶ月でハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2020の出発になります。

今回で15回目ですが、同じような活動を過去に14回繰り返したというだけで、ハロアル2020が安全で安心できるような保障はどこにもありません。

常に「初心」に戻って「慢心」しないで「謙虚」に一人一人が努力しましょう。

そして2月10日に笑顔で活動を終了しましょう。

その為に関口団長と今西現地統括責任者は、昨年の活動が全部終了した御代田町での報告会から、今日まで一日も休まずにただただ皆さんの口から「良かったですね」と言う声を聞くためだけに365日頑張り抜いてくれました。

本当にありがとうございます。

団員の私達のできる事は、2月7日の結団式までケガやインフルエンザ、風邪にかからないように用心することです。

この1ヶ月がとっても大切な日々になります。

この活動を何年にもわたって支援してくださった人達のためにも、努力を重ねていきましょう。

それが「素直になって」「素直に聞いて」「素直に実行する」ということで、この会の最も大切な実践課題です。

令和になって初めて迎える正月です。

今年の目標を「素直」に据えて、どんなことにも反抗しないで、素直に頑張りましょう。

その結果は周りの人から「素晴らしい人」だねと言われます。

そういう人が、家庭でも学校でも職場でも社会でも、もっと大きく言うと世界でも望まれているのです。

夢を抱くことは素晴らしいことです。

しかしその夢を実現するためには、足を地に着けて一歩一歩しっかり歩を進めることが大切なのです。

本年がハローアルソンのチームにとっても、皆様にとっても良い年になりますように心を込めてお祈り申し上げます。

2020年1月3日 医学博士・歯科医師 林 春二

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(88.5MHz)
http://885fm.jp/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク