ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 最新エントリー

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2012年7月6日は、舞台女優ユニットGalaRibbon 池谷祐子さん・岡村さやかさん・本井亜弥さん がゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは

7月最初のハロアルレディオ。

いよいよ暑さも増してきて、夏の扉が少しずつ開き始めた様に感じる日が続きますが、九州の大雨は大変な被害ですね。河川が氾濫し、雨が止んだと思いきや、また更に翌日も豪雨に見舞われる。被災された方々に心からお悔やみ申し上げます。

7月は旧暦では文月と呼ばれ、明日の七夕にちなみ詩歌を献じ、書物を夜風に曝す風習からと言われています。何とも風流な語源ですが、祐介先生は七夕の短冊には何の願い事を書きますか。

昨年の震災から2度目の七夕を迎え、私はやはり「被災地の復興」でしょうか。

勿論、家族の幸せ、健康、子供達の成長、願い事を挙げればきりがありませんが、幾万もの夜空に輝く星に願いを込めるなら、自分の事、自分の周りだけのことよりも、誰かの為に、みんなの幸せの為に祈りたいと願います。

まだ私が20代の頃、よく神社やお寺などに行くと絵馬などの願い事に「世界が平和でありますように」と記されているのを見ると、どうも嘘くさく、それよりも「宝くじが当たりますように」の方がよほど真実みがあると感じていましたが、今思えば、私的な欲望を抑え公のために願いを込める精神はもしかすると今の日本人が忘れかけた精神の根底の様な気がします。

その象徴とも言うべきか、期待をしている私がバカなのか、いよいよあれほど派手に謳った政権交代茶番劇もここ数日の民主党のゴタゴタでようやく終わりの始まりを迎えることができました。

一兵卒と自らを言い切った大物政治家は「国民生活が第一」という聞こえの良いフレーズと矛盾だらけの国家観で、見ているものは日本の未来よりも選挙の結果。
民主党なら絶対出来ると豪語した元総理は沖縄普天間問題で「トラストミー」と言いながら空前の大失態をやらかし、一度は引退宣言したもののお母さんから多額のお小遣いと相続を受け、今では6ヶ月の党員資格停止処分。
造反議員と呼ばれております先生方にいたっては、本気でこの国を立て直し、導いて行こうというよりも選挙区に戻り、夏祭りに参加しながら必死に己の保身に尽力される姿が、もう、あきれを通り過ぎあわれに見えます。
自らの進退である離党届を他人に預け、マイクを向けられれば「国民との約束」「国民の生活の為」嘘を言うな!!はっきり言いますが、もうこの国の政治はむちゃくちゃです。

震災から1年3ヶ月が過ぎ、未だ多くの方々が仮設住宅で暮らし、先の見えない不安に途方に暮れている中、今では誰一人被災地の話をしなくなりました。
それはそうでしょう。この国を牽引する内閣総理大臣が政治生命をかけて取り組むと公言したのは「消費税増税」なのだから。

先生方よ、七夕の短冊に「お母さんに会いたい」「故郷に帰りたい」と願う子供達の姿に何を思う。恐らく先生方の短冊は「解散総選挙」あたりでしょうか。
はぁ~もう本当に嫌になります・・

さて祐介先生、今日は最後に一つお願いがあります。

実は今日は娘の5歳の誕生日。

これも何かの縁ですか。一つその美声で歌でもお願いします。

あっ!これは公共の電波を使った私的なお願いでしたね・・・あしからず・・・

2012年7月6日 妃恵歌の誕生日 ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

豪雨

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2012-6-29 22:00

祐介先生今晩は。

梅雨の間に発生した台風4,5号は九州・四国・関西地方に6月としては異常に多い雨をもたらしました。災害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

気候の温暖な日本にスコールのような豪雨をもたらしているのは“地球温暖化”の影響ではないかと心配しています。

大飯原発が地元、県、国の合意で稼働するようですが、ここにきて安全度が低い原発の一つであることが分かりました。この大飯原発だけでなく福井県内にある4つの原発はどれもこれも安全性が低いようです。

福島原発事故を経験し、1年以上たった今も放射能漏れを止めることが出来ません。こんな状況で動かして本当によいのでしょうか・・・・。

福島原発事故の責任にしても誰も取ろうとしていません。これだけ大きな事故ですから責任者の一人や二人が責任の重さに耐えかねて死んでもおかしくないと思います。もちろん死んだからと言って問題が解決するわけではありませんが「そのくらい大きな事故」だったのではないでしょうか・・・・。

それなのに経済優先、便利さのために一番大切な安全を犠牲にしていいのでしょうか・・・・。

追い打ちをかけるように福島原発1号機で大量の放射能が放出されていることが分かりました。
短時間で致死量に該当するものです。この検査にしても人間では不可能でロボットで計測したにすぎません。これからこの処理にどれだけ時間とお金がかかるかわかりません。原発は安いと言われていますがそれは事故のない時で、こうして安全でなければこれほど高いものはありません。

集中豪雨、竜巻などを引き起こしている異常気象も大きな問題です。全て地球温暖化に責任をなすりつけられませんが消費量が増え続けている電力も関係なくはありません。
これらは全て地球上の一部の人間が享受している豊かさや便利さでしかありません。そのために地球上の全ての生命が危機にさらされていることを考えようではありませんか・・・・。

60年以上続いた自民党の政権にレッドカードを突きつけ、民主党に託したのは国民の痛みを分かってくれる政権の実現でした。
あの時国民と約束をした国会議員の定数削減、官僚の天下り、人件費削減を実行して下さい。そのつけを意見の言えない国民に押し付けようとする政権は一日も早く退陣してもらいたいと思います。今は少数でしょうが小沢さんの言っている方がはるかに正当で私達の思いを代弁してくれています。

それでは今夜の歯の一口メモです。

時代の先端を行くと思われていたインプラント治療ですがここにきて大分逆風が吹いています。

今から30年ほど前のことでした。
当時私は大学の医局で入れ歯治療の勉強をしていました。その頃にインプラントが出てきました。歯のない人に福音(ふくいん)だったと思いましたが、自分の歯に勝るものだとは思いませんでした。

やはり「歯」と「歯肉」を磨く「ハロアルみがき」で自分の歯を守り抜く方が安くて安全です。

 

2012年6月29日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2012年6月29日は、ミュージシャン 一穂さん がゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは

6月最後のハロアルレディオ。

西日本では大雨の影響で地滑りや土砂災害が発生し、多くの方が被害に遭われました。
心からお悔やみ申し上げます。

アジサイにシトシトと降り落ちる梅雨の雨とは似ても似つかわしくない、正にゲリラ豪雨は、容易に河川の氾濫を招き、一説によれば地球温暖化が影響するとも言われています。

これもまた我々人類が招いた人災なのかと思うと、北極の氷河が溶け、気温が年々上昇し、大寒波、大雨・・・地球が様々な形で私達に警笛を鳴らし始めているものの、未だ経済発展、快適な暮らしの為にと謳ってやまない原発論争を見ると、確実に私達人類は破滅の道へと進んでいるのではないでしょうか。

私はこのお手紙で「原発の是非」を問えるほど簡単な問題では無いことも承知していますし、様々なご意見があることも分かります。

しかし、確実に言えることは、私達が抱いている不安は、今この場で現実になるわけではありません。その不安が形として現れるのは、今私達の側で手を取り合う我が子、公園で無邪気に遊ぶ幼い子供達に影響するということです。

これからの未来の為に私達が出来ることは何か。
一人一人が考えなければなりませんね。

さて、最近テレビや各紙で多く報道され目にされた方も多いと思いますが、「インプラント治療」についてです。

歯の治療には様々なものがありますが、その中でも「欠損補綴」と言われる歯を失った所に行なう治療の種類です。現在お口の中にこの治療が行われていて不具合の出ていない方は、今の所問題はありません。しかし、これからインプラント治療を考えている方、もしくは悩んでいる方もいらっしゃると思います。

現在、6万8千件を越える歯科医院が存在する中で、インプラント治療を行った歯科医師の約60%が何らかの不安やトラブルを抱えていると言うデーターがでました。そして手術後の麻痺やしびれ、死亡したケースもあり、全ての人に成功し、全ての医院で行える治療ではありません。

ある雑誌にはインプラントを行う為の良い歯科医院の選び方なども記載され、治療の説明を良くする、すぐにインプラントばかりを勧めない、等書がかれていましたが、リスナーの皆さんに是非知っていただきたい、本当の良い歯科医院の選び方は一つだけです。

それは絶対に歯を抜かない、1本の歯を残すために全力を傾けてくれる病院だけです。

歯を守らず、その後の技術、知識だけを学び、それを経営、診療の母体とし、あたかも安全で優れた治療の様に言葉巧みに言いくるめる「インプラント」は決して良い治療とは思えません。ましてや壊れたり、不具合、不調和が発症すれば元に戻すことも出来ない治療は、まるで原発事故の様にも思えます。

私達が訪れるフィリピンのスラムでは歯を残したくても歯ブラシもなく治療も出来ない為、次々と大切な体の一部を失います。

しかし全てが揃い皆が治療を受けられる豊かなはずの日本でも、本当は歯を残せるはずがこれもまた次々と歯を失っていきます。

豊かさは時としてあらゆる人間の大切な志や考え方や価値観を曇らせてしまいます。

お互い本当に患者の為だけを思える「歯医者さん」でいたいですね・・・

2012年6月29日 ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

祐介先生今晩は。

梅雨に入りましたが信州では余り梅雨らしい日はありません。
雨が降ってもすぐに止み、むしろこのくらいの雨ならあった方がいいのかなと思っていました。
そのことを患者さんに話しましたら、農家にとっては「もっと降ってくれた方がいい」と言われてしまいました。その立場にならなければわからないことが多いということだと気付きました。

しかし今回の台風4号のは九州・四国・関西地方に強い雨をもたらし災害を出してしまいました。心よりお見舞い申し上げます。

政府はついに大飯原発の稼働を許可してしまいました。

経済界や地元の皆さんは歓迎ですがこれで本当によいのでしょうか・・・・。

安全性一つとっても大きな津波に備える防波堤は1年以内に工事をすればいいし、災害が起こった時の指令基地になる免振棟は今から3年後に出来ればいいというものです。その間は災害が起こらないと言えるのでしょうか・・・・。そして事故が起こったら未曾有の災害だったと言っていいわけをすればいいのですか。
だとすればいっそ何もしない方が安上がりです。安全性より生産性と節電しなくてもいいように運転したいと言うのでは余りにもご都合過ぎませんか・・・・。

私が一番心配なのは福島原発の責任を政府も東京電力もとっていないということです。

福島原発の廃炉は決まっていますがいまだに燃料棒の取り出しが出来ていません。いつになるのかもわからない状況です。放射能の被害についても1年3カ月たった今でもなくならず、いつ自宅に帰れるのかわからない人が沢山います。どうするのですか・・・・。

消費税についても全くおかしいです。
国会議員定数の是正、公務員給与の引き下げ、天下りの廃止、年金の一本化などやらなければならないことが山積しているのに全く前に進んでいません。

それなのに国民に負担を強要する消費税だけは命がけです。消費税と社会保障の一体改革についてもお題目だけで国民の利益だとは言い切れません。政権交代を期待した民主党は行きづまり感のあった自民党政権にレッドカードを突きつけたのではなかったのでしょうか・・・・。その期待をここまで反故(ほご)にする野田総理はもはや私達の期待する政党でも責任者でもありません。一日も早く退陣すべきです。この件に関しては小沢さんの方が間違いなく利があります。小沢さん頑張ってください!

福島県内で避難生活をしている人達の生活を見てください。今の日本の縮図そのものではないでしょうか・・・・。ここでは原発の安全性も、万が一事故があった時の保障もないことを証明しています。この人たちの生活再建は最優先すべきです。お願いします。

それでは今夜の歯の一口メモです。

どんなに時代が変わっても自分の歯に勝るものはありません。そのために「歯」と「歯肉」を磨く「ハロアルみがき」がどうしても必要です。

たかが歯磨きなどとタカをくくっているために歯を悪くして高額な治療に走り、咬めなくて泣いている人がどれほど多いかということです。
「歯」と「歯肉」をしっかり磨いて自己免疫力を高めてください。

 

2012年6月22日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2012年6月22日は、お笑いコンビ 門出ピーチクパーチク がゲスト出演しました。

祐介先生こんばんは

今週は6月では記録的な台風4号の影響で全国各地で大変な被害が起きました。
怪我や亡くなられた方もいらっしゃり、被害に遭われた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。

私の地元栃木県那須塩原市も、市内を流れる「那珂川」という大きな川が大変な水量でした。この時期、普段は全国から「鮎釣り」を楽しむ人たちで賑わう「やな」も、まるで竜がごとく流れる濁流に、当分の間、編み笠に尺竿を垂れる初夏の風物詩も見られそうにありません。

台風の時期とはいえ、近頃の6月の雨は「シトシト」降る情緒的な雨というよりも、ゲリラ豪雨の名の通り、最近では少し恐怖さえ感じてしまいます。

特に東北の被災地、山沿いに作られた仮設住宅の方々はくれぐれもご注意してください。

さて、以前この番組のお手紙で、我が家の同居鳥「ツバメ」についてご報告しました。

ツバメたちが毎年作る巣を ”いたずら盛り” の長男が壊してしまい私は彼に命の大切さや道徳心を教えました。そしてその後ツバメたちはもう一度同じ所に巣を作り直し、何と今朝、ようやく5羽のひな鳥たちが飛び立っていきました。

日に日に大きくなって巣から落ちそうな程になっても「ちぃー・ちぃー」と親鳥に餌をせがみ口を開けていました。

体も親鳥と同じくらいのひな鳥に、せっせと餌を運ぶ親鳥と、飛び立つのにまごまごしているひな鳥を見ていると、親のすねをかじり大学生活を存分に謳歌したあの頃を思い出し何とも言えない気持ちになりました。

そんな中、ここ数日突然親が餌を運ばなくなって来たのです。

そしてお腹が減り一斉に鳴くひな鳥を尻目に、巣の周りをわざとゆっくり飛び回り、時には巣のそばに止まり何やら鳴いているのです。その様子は「もう、自分たちで餌をとりなさい。自分の力で空を飛び、生きていきなさい」と親鳥の最後の教育にも見えます。そして、一羽、また一羽と旅立ち、今朝無事5羽の子供達が台風が去った五月晴れの空に飛び立ちました。

私はその一部始終を息子と見つめていました。

先日、祐介先生とご一緒したハロアル仲間の西村先生と実紀さんの結婚式で、新郎の最後の挨拶の時、両親への感謝の言葉で「30歳まで親のすねをかじり、本当にかじりがいのあるすねでした。私も今度は親になって両親と同じようにかじりがいのある親になりたいです」と言っていました。
まあ賛否はありますが、私も同じように親にして貰った恩を我が子に同じように出来るように頑張りたいと思いました。

しかし、先日日本で初めての6再未満の脳死判定で、我が子の臓器提供を決意したご両親は「臓器提供により息子が生き続けてくれている。そんな息子を誇りに思う」と言う言葉をコメントされました。その思いたるや想像を超える悲しみの中、悩み決断されたことでしょう。
すねをかじることなく短い命を閉じたお子さんのご冥福と、ご両親の勇気ある素晴らしい決断に心からの敬意を抱くと共に、命の大切さ、生きることの尊さを、あのツバメのようにきちんと我が子に教えていきたいと感じました。

2012年6月22日 ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

祐介先生今晩は。

こちら信州は日増しに緑が増して美しい山々が青空に映える季節になりました。
しかし朝夕はまだまだ肌寒さを感じる日が多いですが皆さまのところはいかがでしょうか・・・・。

ここ2~3日の天気は梅雨に入ったとはとても思えないような好天気が続いています。

5月22日、23日に訪問した福島県の仮設住宅に避難している浪江町の皆さんはその後どうしているでしょうか・・・・。元気に過ごしていることを心からお祈りしています。

あの日約束してきましたお米200キログラムが患者さんの協力で集まりました。
明日には発送出来るように準備しています。

このお米は患者さんたちの真心のこもった特別米です。福島県の浪江町の皆さんを信州の患者さんたちが思いやるやさしい思いをたっぷり味わってもらえたら嬉しいです。

今回のボランティアに限らずボランティアをしているといろいろと教えられることが多くてとても楽しいです。

今回も事前から一生懸命に先方と折衝する人、患者さんに懸命になってカンパをお願いする人、みんなが乗っていくバスを格安で貸してもらえるように手配する人、そしてみんながいなくなった後の診療所に残って待機してくれる人など様々な人が様々な協力をしてくれてこの活動が出来ました。

中にはせっかく参加しているのに、自分の思い通りに行かなくて面白くなさそうな人、もっとこうして欲しかったという思いの強い人、思いはそれぞれですが責めることはできません。みんなが協力して初めてできるのです。ですからどの人の意見も最もだと思います。

しかし終わってしまえばどうにもなりません。次に向かっての参考にすればいいわけで、どんなに悔んでみてもどうにもならないことなのです。
つまり前を向いてしっかり準備をすることが大切なのではないでしょうか・・・・。

試験や仕事は失敗することなど許されませんがボランティアはそうではありません。

自分の出来ることを、出来るときに、出来るだけ、やったらいいのですから成功も失敗もありません。あるのはこういうボランティアをしたということだけです。ですから望まれたら変な心配はしないで積極的に参加しましょう。

やってみてわかることが沢山あります。それがどうしても出来ないのは自分の都合を優先するからではないでしょうか・・・・。また自分の常識で理屈を言うと結局素直に協力できないことになってしまいます。

世の中にはやってみなければわからないことが沢山あるのですから素直にやったらいいと思います。

それでは歯の一口メモです。

最近のニュースで歯のない人が人工歯根を入れるインプラント治療のことが載っていました。

この5年間でインプラント事故が500件に上ることが分かりました。自分の歯を抜いてまでする必要は全くありません。自分の歯に勝るものはないのです。
そのために「歯」と「歯肉」を磨く「ハロアルみがき」で「歯」と「体」の自己免疫力を高めてください。

 

2012年6月15日 医学博士・歯科医師 林 春二

レインボータウンFM「今西祐介のハロアル・レディオ」2012年6月15日は、歌手 イソミチカズヒサさん がゲスト出演しました。

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク