ハローアルソン「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア

フィリピン医療を支える会 ハローアルソン

ブログ - 最新エントリー

秋深し

カテゴリ : 
ハロアル・レディオ » 林春二先生からのお便り
執筆 : 
hayashi 2011-10-23 12:00

祐介先生今晩は。

大分秋らしくなりました。
軽井沢はどこを見ても紅葉が陽に映えてとてもいい感じです。
春は花が咲き躍動感がみなぎる「動(どう)」の季節です。
それに比べ秋はむしろ静かで穏やかに時がながれる「静(せい)」の季節です。
けれども人恋しさが一日ごとに増していて動の季節とも言えなくはありません。紅葉した葉っぱが風に舞い落ちるさまはまるで意思を持った木の葉が鬼ごっこでもしているかのようで、詩人でもない私でさえ詩を作りたくなるような気がしてきます。

スポーツの秋になったところで足立区の小学校にホットスポットが出て問題になっています。これも大きな問題ですが福島の皆さんはもっと大変だと思います。こんなことになるくらいなら、こんなに豊かでなくてもよかったので、みんなが安心できる社会の実現を考えたほうがよかったと思います。

世界に目を向けるとギリシャでは騒動が拡大しており、アメリカでもストライキが広がっていて人ごとではありません。そしてアジアのタイでは自然の脅威に襲われて大変です。
有名な史跡の沢山あるアユタヤが水浸しになってしまいました。そこに日本の企業が400社もあるということもわかりびっくりしています。日本で雇用の問題が深刻になるわけです。自動車工場が水浸しになっているテレビの映像は人ごとには思えませんでした。
一日も早く被害が治まることをお祈りしたいと思います。

東日本大震災の時には世界中の皆さんからお見舞いをもらいました。
今度のようなときには私たちからお返しのお見舞いをしたいと思います。

こういう被害を見るたびに政府の支援がすぐ受けられるような制度の必要性を実感させられます。それなのにいつも災害が起こって初めて救済するかどうかの審議しているようではどうなのでしょうか・・・・。
開発も大事ですがこういう時の支援体制こそ安心して生きていく社会の為には必要なのではないでしょうか・・・・。

日本は海と山に囲まれ、美しい国ですが地震や台風の被害を毎年受けているのですから、どんな被害を受けたとしてもすぐに十分な補償が受けられる制度を一日も早く作って欲しいと願います。

政府は今、「社会保障と税の一体改革を掲げていますが保障はどんどん縮小しているのに国民の負担だけを大きくするようではどうなのでしょうか・・・・。

公務員の削減、国会議員の削減、天下りの削減などすべき課題は大きいはずです。大きな声を国民が挙げないからといってこんなことを続けていると本当にクーデターが起こりかねません。大きな問題になる前にみんなが幸せになる道を考えましょう。

それでは今夜の歯の一口メモです。
最近歯の悪習癖(あくしゅうへき)を持った子どもさんが多くなっているように感じます。指しゃぶり、口呼吸、舌習癖、唇を咬むなどの癖です。どれも歯並びに問題が出ますのでかかりつけの歯医者さんに相談して下さい。一軒だけでなく2~3軒で相談する方がいいと思います。指しゃぶりは指をいつも吸うことで上の前歯が飛び出してしまいます。舌習癖や唇を咬む癖は歯と歯の間に舌や唇を挟み込むために歯が合わさらず隙間があいたままで咬みきれなくなってしまいます。歯磨きも軽く見ないでください。「歯」と「歯肉」を磨くことが大切です。

2011年10月21日 医学博士・歯科医師 林 春二

祐介先生こんばんは。

先週のフィリピンでの事前会議からあっという間に時間は過ぎ、資料や報告書、来年の活動に向けての下準備に毎日追われています。先生も昨日、長野県軽井沢でのボランティア講演を行ったと聞き、疲れた、大変だと愚痴をこぼしたくなる時もありますが、このようにボランティアを通じ、日々心を学ぶ機会を与えていただける事は、やはりこの活動とフィリピンの恵まれない子供たちに感謝をせずにはいられません。

私達の医療技術で子供たちを救う。日本の物資を支援する。ここまでは世間一般に存在するボランティアと変わりはありません。しかし私たちハローアルソンはそこからもう一歩踏み出し、世界の貧困を目の当たりにした自分に問いかけ、日々の暮らしの中で自分自身何かを変え、何をやらなければいけないのかを学びます。また、高校生という一見何の関係もない未成年の参加に疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、私はこの高校生の参加こそが大きな意味をもっていると思います。
何不自由なく暮らし、利便性、合理性を求め続けた現代に生まれ育った若者たち。
食べる事も、学ぶ事も、生きる事全てに満たされた日本の生活から、今日食べることもできず、ゴミに埋もれ、異臭を放つ街並みに佇む同世代の子供たちを見たとき、彼等は何を感じるでしょうか。そこには単に「可哀想」という感情だけではなく、たった飛行機で4時間の地で、あまりにも自分とはかけ離れた環境で生きる人達の姿に、命とは、平和とは、愛とは、を真剣に考え、悩むのです。そして彼達の人生のなかでほんのわずか4日間のボランティアが、これからの彼等の未来を変え、惹いてはこの日本を、世界を変える礎になると私は考えています。

私達大人は、長く生きているという経験が時に、価値観の柔軟性を失い、様々な心のフィルターを作りあげ、純粋であるはずのボランティアさえも利己的で商業的に考えてしまう場合があります。そんな我々大人が持つ心の弱さ、ずるさを、もしかすると高校生達の純粋で真っ直ぐな姿が教えてくれるのかもしれません。

先日中国では子供が車にひかれた後、18人もの人間がその場を素通りし、見て見ぬふりをした事件が話題になりました。「経済発展の裏に失われた儒教の教え」と報道されていましたが、これは単なる隣国の出来事ではありません。物欲の果てに物質的豊かさに溺れた私達人間だれしもが持つ悲しい心の一面でもあります。優しさや温かさを私達は「偽りの豊かさ」によって少しずつ失っているのではないでしょうか。

ハローアルソンはボランティアを通じ、「心を学ぶ活動」です。単なる現地での医療活動、物資支援だけではなく、失われた人間本来の心を見つめる会でもあります。ですから、表面だけの楽しい4日間のボランティアではなく、こつこつと積み重ねる361日でありたいと思っています。この記事を書きながら、当院の受付から、患者さんが100円、200円と募金をして下さる音が聞こえます。本当にありがたいことです。

残り3か月。お互い自分のできることを一生懸命やりましょうね。

2011年10月21日 ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会 団長 関口敬人

本日、3月6日(日)PM3:00~3:30テレビ放映SBC信越放送にて「笑顔を届けたい-フィリピン-高校生ボランティアの記録」の様子がテレビ放映されます。 ぜひご覧ください。
http://sbc21.co.jp/

ブログはじめました!

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
webmaster 2010-2-1 0:00

ハローアルソン!ハロアル・フィリピン医療を支える会の活動状況などを、コンスタントに情報発信できるように、ブログはじめました!

ボランティア参加者募集

高校生ボランティア募集要項 医療従事者および一般 募集要項 活動についてのお問い合わせ

歯ブラシを集めよう!

  • 歯ブラシ(新品)
    ※ホテル等の使い捨てタイプも可
  • タオル・てぬぐい(新品)
    ※サイズ不問。粗品タオルも可
  • 固形せっけん(新品)
    ※液体ソープは不可
  • 鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆
    ※使いかけも可
  • 夏物衣類
    ※新品衣料、洗濯済み古着

支援物資・カンパ送付先
歯ブラシ回収箱ダウンロード

メインメニュー

ブログカテゴリ一覧

ブログカレンダー

« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

新着ブログ記事

新着ニュース&リリース

ボランティア活動報告(抜粋)

活動理念「四本の柱」

  • 現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
  • 歯ブラシ・タオル・固形石鹸など物資の支援活動
  • 世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
  • 次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

今西祐介のハロアル・レディオ

毎週金曜日21:00-22:00生放送
レインボータウンFM(79.2MHz)
http://www.792fm.com/
歯科医師でミュージシャン今西祐介がパーソナリティの歯科医療ボランティアと楽しいトーク&音楽番組

リンク